1. トップ
  2. レシピ
  3. シーギリヤ・ロック(Sigiriya Rock)

シーギリヤ・ロック(Sigiriya Rock)

  • 2018.5.7
  • 875 views

ジャングルのなかに立つ、高さ約200mのシーギリヤ・ロック。眼下には、遺跡が広がる

小さな島国にもかかわらず8つもの世界遺産があるのがスリランカの魅力のひとつ。特に、国民の約7割が仏教徒といわれ、今も信仰があついこの国では、世界遺産も仏教にまつわるものが多い。なかでもハイライトといえるのが、シーギリヤ・ロック。
シーギリヤ・ロックは、広大なジャングルのなかにそびえたつ高さ約200mの岩山で、もともとは仏教僧たちの修行場だった。だが、今からおよそ1500年前、父を殺して強引に王座に就いた王子が都を築き、たった18年の栄華を誇ったと言われている場所でもある。岩山のふもとには、ウォーターガーデンや国会議事堂などの遺跡が残るほか、切り立った岩山を登る途中には、美女を描いたフレスコ画「シーギリヤ・レディ」や「ミラー・ウォール」と呼ばれる鏡のように輝く壁などがある。何よりもその頂上からの眺めは、誰もが息をのむ美しさ。スリランカを訪れたら、必ず行きたい場所のひとつだ。

INFORMATION

シーギリヤ・ロック(Sigiriya Rock)
(地図D)TEL:+94-66-492-8793開園時間:7時~17時30分 無休
※入場料$30

岩壁に沿って続く細い階段をのぼっていく

漆喰に卵白と蜂蜜、石灰を混ぜたものを塗り、表面を磨き上げることで鏡のようになった「ミラー・ウォール」

シーギリヤ・ロックの頂上には、野生のサルの姿も