1. トップ
  2. ファッション
  3. ZUCCa 2018-19年秋冬コレクション - 着る人に寄り添うクリーンな造形美

ZUCCa 2018-19年秋冬コレクション - 着る人に寄り添うクリーンな造形美

  • 2018.5.6
  • 8364 views

ZUCCa(ズッカ)は、2018-19年秋冬コレクションを発表した。

着心地の良さと造形美

今季は、ZUCCaならではの、ユニークでありながらも洗練された空気感を保ち、知的さを演出する「クリーン&クリア」なコレクションを展開。袖を通した時に着る人に寄り添うような着心地の良さとともに、カッティング、フォルム、シルエットの造形美がさらに研ぎ澄まされている。

ディテールでリラックスした表情に

ウエスト周りを囲むようにファスナーをあしらったカーキのワンピースは、ベルトループやファスナーといった機能的なパーツ以外は装飾のないデザイン。そのミニマルなムードがファスナーを開けた時の大胆なインパクトと対比を描き、絶妙なバランス感を生み出す。プレーンなジャケットとパンツのセットアップも、シンプルで気取らない、どこかリラックスした表情を見せる。

ロング丈のオーバーコートは重量を感じさせない仕上がり。サイドに施されたスリット、素材の落ち感、広く取った打ち合わせによって、身体を包み込みながらも、身体や中に着た服に馴染み、一体感を生み出していく。

深みのあるカラーパレット

カーキ、グリーン、ネイビー、ブラックなど、静かで深みのある色彩がウェアを彩る。ネイビーの無骨なブルゾンには深緑のファーをあしらい、ソフトでニュートラルな雰囲気に仕上げている。また、MA-1にもファーをあしらい、コンパクトなフォルムのジャケットにボリューム感と存在感をプラス。カーキのタイトなニットロングスカートと合わせて、メリハリのあるシルエットを作り上げている。

構築的パターン

構築的なパターンのアウターも、前を開けた時にダイナミックに開く襟や前身頃適度に肩の力の抜けた雰囲気が魅力。ドロップショルダーの袖に分量感を持たせ、タックで緩急を付けながらフォルムに丸みを持たせている。流れるような造形のアシンメトリーのスカートと組み合わせることで、アウターのボリューム感が際立っている。