1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 注目俳優・小原唯和 やんちゃな社交ダンサー役で執事・上川隆也と対峙!

注目俳優・小原唯和 やんちゃな社交ダンサー役で執事・上川隆也と対峙!

  • 2018.5.3
  • 2126 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/145855/

注目俳優・小原唯和が5月4日(金)に放送される「金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』」(テレビ東京系ほか)第4話にゲスト出演する(「世界卓球2018」の放送により翌週5月11日[金]に変更の場合あり)。

2002年生まれの小原は、2015年度のジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリスト。「あなたのことはそれほど」(2017年TBS系)で、有島光軌(鈴木伸之)の中学時代を演じてドラマデビューを飾った。

その後も「愛してたって、秘密はある。」(2017年日本テレビ系)で主人公・奥森黎(福士蒼汰)の15歳のころなど、さまざまなキャラクターの幼少期を演じ、そのたびに「あの子は誰?」と話題を集めている。

そんな小原は、今春中学卒業を機に、本格的に俳優として活動するため島根から上京。今回「執事 西園寺の名推理」で演じる瑞樹役は、上京後初オーディションで射止めた。

気になる「執事 西園寺の名推理」第4話は、上川隆也演じるパーフェクトな執事・西園寺と共に伊集院家に仕える、メイドの明美(池谷のぶえ)と美佳(岡本玲)が社交ダンス教室に通い始めたところからスタート。

2人が見学していると、講師の朱里(床嶋佳子)の息子・瑞樹(小原)らダンサーたちが次々に倒れてしまう。西園寺はウォーターサーバー内に入っていたスズランの花の中毒症状と推理するが、朱里は瑞樹を狙う“男”がいると語る。

朱里と旧知であった伊集院家の主人・百合子(八千草薫)は、瑞樹を心配して屋敷で預かると言い出すが…。

やんちゃな若き社交ダンサーを演じた小原は、「僕は全くダンスをやったことがなかったので、先生に教えていただきながら何日間も練習をしました。自分が思っている以上に社交ダンスはきつく、筋肉痛にも襲われましたが、上川さんをはじめ、キャスト・スタッフの皆さんからアドバイスや励ましの言葉をいただき、撮影を乗り越えることができました」と振り返った。

また、「第4話はいったい誰が犯人なのか、怪しい人がたくさんいるのでドキドキしながら見ることができると思います! 僕が一生懸命頑張った社交ダンスにも是非注目していただけるとうれしいです!」とアピールしていた。

6月1日(金)公開の映画「OVER DRIVE」では、主人公・檜山篤洋(東出昌大)の中学時代を演じることも決定している小原。今後いっそうの活躍が見られそうだ。(ザテレビジョン)