1. トップ
  2. ファッション
  3. 毎日使うアイテムにオリジナリティを!エプロンの手作り&リメイクアイデアをご紹介

毎日使うアイテムにオリジナリティを!エプロンの手作り&リメイクアイデアをご紹介

  • 2018.5.3
  • 7384 views

毎日使うエプロンにオリジナリティがあると、気分が上がりますよね。自分らしさのあるお気に入りの柄をチョイスするのはもちろん、欲しい柄が見つからない時は手作りするという方法もあります。今回は、エプロンを生地から手作りするアイデアや、100均エプロンのリメイク実例をご紹介いたします。

ダイソーリメイク

デニムを活用して

こちらは、ダイソーのデニムエプロンをリメイクしたアイデア。このようなシンプルなエプロンは、リメイクすることでオリジナリティが出せますよ。まずは、使用しなくなったデニムの生地をカットして貼り付けるところからスタート。 

布用絵の具でステンシルを施し、アイロンをあてて出来上がりです。ひと手間かけることで、100均のエプロンが素敵にセンスアップされますね。ユーズド風のステンシルがカッコ良い雰囲気に仕上げてくれます。 

こちらが、リメイク後のオリジナルエプロンの完成品です。ステンシルを施すことで一段とおしゃれになりますね。どうしても汚れやすいエプロンは、数枚作っておくとさらに便利です。

ステンシルでかっこよく

続いても、ダイソーのエプロンをオリジナルにリメイク。アクリル絵具でステンシルを施して、男前のカッコ良いエプロンの完成です。モノトーンデザインがスタイリッシュですね。 

こちらも同じく、ダイソーのエプロン×ステンシルによってお洒落にリメイクしたアイデア。ステンシルの施し方やデザインで、一味違った雰囲気を楽しめますね。赤がポイント使いになって、可愛らしさも添えられています。 

シンプルに決まるダイソーのエプロン×ステンシル。100均なら、初めてのリメイクにも取り掛かりやすいですよ。慣れてくると色々なデザインを作成したくなりますね。 

続いては、ダイソーの300円エプロンをリメイクしたアイデア。ステンシルシートを使って、スタイリッシュに仕上げています。モノトーンのクールなインテリアにも映えますね。 

土台から手作り

ここからは、エプロンを土台から作った素敵なアイデアです。まずは、ダイソーの巨大フェルトとファスナーテープを使って土台作り。スタバ風ワッペンをあしらえば、可愛らしいエプロンが完成です。 

こちらはお子様のエプロンを作成した様子です。白のステッチがアクセントになっていますね。大きめのポケットを備えて、実用性も考えられた素敵なエプロンです。 

ダイソーで販売されているデニム生地を使って、オリジナルエプロンを作った素敵なアイデア。仕上げにステンシルをあしらい、ロープを通して完成です。 

好きな柄を使って、お気に入りのエプロンを。コツを掴むと、生地選びも含めてエプロンを作成する楽しみが増えますね。リボンをプラスして、可愛らしさたっぷりに仕上げています。

余り布で作ったというスタイリッシュなエプロン。ポイントにあしらわれたハトメが、カッコ良さを一段と引き立ててくれます。大きめのステンシルでスパイスを効かせれば、お洒落なエプロンの完成です。 

こちらが、紐を通して完成した先ほどのエプロンです。しっかりとしたロープを使うと安定感がありますね。こんな風に掛けておけば、インテリアの一部としても成り立ちます。 

こちらは総手縫いで作ったという男前なカフェ風エプロン。黒い紐をでチョイスしてカッコ良さも抜群です。毎日使うたびに気分を上げてくれそうですね。 

一つ前のカフェ風エプロンがインテリアの一部になった光景です。使わない時は、こんな風に掛けておくこともできますね。スタイリッシュなお部屋にピッタリです。 

まとめ

今回は、100均で手に入るシンプルなエプロンのリメイク、または生地から仕立てる本格派までご覧いただきました。ステンシルを施すことでイメージも変わりますよね。素敵なアイデアを、ぜひ参考にしてみてくださいね。