そうだったのか!夜ぐっすり眠るなら寝室には白よりも「○○色」を取り入れるべし!

20代までは徹夜で遊んだり仕事したりしても、多少の無理はコンシーラーで隠せたし、逆に疲れたら電池が切れたようにコトリと眠れたもの。

でもアラサーと呼ばれる世代になり、朝方まで無理しようものなら、鏡に見たくないものしか映らなくなり、逆に寝ようとしてもなぜかうまく寝つけない……。カラダって本当に正直です。もはやコンシーラーでは隠せなくなったシミとくすみを目にしては、「あの頃無理をするんじゃなかった」と反省する毎日。20代の皆さん、若い頃の無理は禁物ですよ!

なんてごたくはさておき、美容と健康のためには、1にも2にも「睡眠」です。寝つきをよくしたり、眠りを深くしたりして「眠りを整える」ことが、理想のくらしへの第一歩!

★美肌と睡眠の関係についてはこちら!→美肌は寝て待て!? 睡眠のプロに聞く、美肌と睡眠に関する驚きの事実
ということで、AneCan2月号で見つけた、質のいい睡眠をとるための5STEPSをご紹介します。

睡眠中も寝起きもこのように美しくありたいものです

STEP1 湯船に浸かる

眠る約1時間前に、38~40℃のぬるめのお湯に15~20分ほど浸かります。浮力により筋肉がほぐれて、心もリラックス。湯たんぽっも冷えたふとんと体を温めてくれるのでおすすめ。

STEP2 軽いストレッチをする

両腕を左右に伸ばしたり、頭の上で腕を組み体を横に倒すような簡単ストレッチは、血行の促進につながり緊張もほぐれます。深い呼吸を意識して、心地いい程度に行って。

STEP3 何度も読んだ本やCDを枕元に

眠る前は何も考えないのがいちばん。本や音楽も頭を使いすぎない読み慣れた本や、雨音など自然音のCDがおすすめ。ミステリー小説など、続きが気になる本は極力避けて。

STEP4 枕をオーダーメード

枕は、頭と首を休めるために最も大切な寝具なんです。これを自分の体に合わせるだけで、劇的に眠りの質が変わります!

STEP5 白よりもパステルカラーがおすすめ

リラックスできるベージュや幸福感のあるピンク、心を落ち着かせるミントグリーンを寝室に取り入れると、より穏やかな睡眠に。真っ白だと光の残像が気になってしまうことも。

このアイデアは、東京西川・日本睡眠科学研究所認定のスリープマスターである長谷川夏美さんによるアドバイス。あのふとんで有名な東京西川の方というだけで、かなりの説得力です。皆様もぜひお試しあれ♪ (五十嵐ミワ)

(『AneCan』2015年2月号)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理