竹宮惠子×内田樹が語る!マンガ発展の背景には戦争の○○があった!

少女マンガの黎明期を支え、今でもカリスマ的人気を誇る漫画家・竹宮惠子さんと、この方の評論や記事をWEBや雑誌で見ない日はないんじゃないかというほど人気の思想家であり、武道家でもある内田樹さん

このおふたりがマンガについて対談をし、それが一冊の本『竹と樹のマンガ文化論』になったと聞いて、マンガ好きの私は心が震えました。

この本、漫画家であり、日本唯一のマンガ学部を持つ京都精華大学の学長を務める竹宮さんと、生粋のマンガ好きである内田さんの生トークなだけあって、マンガ発展について「へえ~」な内容が満載どころか、あの名作マンガにまつわるトリビアや、実用書的に目からうろこな内容まで詰まっていました!

竹宮先生による帯のイラストが目印!

子どもの頃に手塚治虫の洗礼をうけ、現代マンガの成長と歩みを同じくして育って来た世代によるトークは、とにかく濃い!

現代文化におけるマンガの「すごい部分」がどんどん浮き彫りになってきます。

こちらが本物(?)の内田樹さんと竹宮惠子さん。イラストそっくりです!

たとえば、「なぜマンガは発展したか?」という話のなかで、内田さんはその原因が「戦争」にあると指摘します。

内田さんによると、敗戦までに大正生まれ1350万人のうち、7人にひとりにあたる200万人が戦死しました。これにより、本来文化を担うべき20〜30代が不在、または戦争経験と敗戦ショックで想像力を失い作品が生まれなくなる、という事態が起こります。


そんなとき彗星のごとく現れたのが、当時10代だった手塚治虫。彼が最前線で自由な創造活動を行うことで、石ノ森章太郎、ちばてつや、藤子不二雄、赤塚不二夫など、10代の若い才能がみんな彼に続きました。

内田 そういうジャンル草創期の自由と活気に引き寄せられて一〇代のクリエイターたちがマンガの世界に集まってきて、文化的創造の最先端に立った。これほど若い世代が前線に立ったジャンルって、日本文化を振り返ってもマンガの他にはなかったことじゃないでしょうか。
内田 戦後一貫してマンガ界は若い人を信頼してそれで成功して来ていると思います。ふつうはこれだけのビッグビジネスになったら、スーツを着たビジネスマンが切り回し始めて、若い作家たちは消耗品扱いされるはずですけど、日本のマンガは幸いまだそうなっていない。若い才能に対して寛容で、気前のいい態度をとるのが、マンガ界の伝統の一番いいところじゃないかと思います。

マンガは、今も昔も若い才能が最前線に立っている唯一無二の文化であり、だからこそ発展した

、という話。「最近の若者は……」とか言っている場合ではないですね!

ちなみに、私は毎日仕事をしながら、「締め切りさえなければ、もっと楽なのに」とか、「もっと時間があれば、ちゃんと仕上げられたのに……」と思いながら仕事をしているのですが、この「締め切り」こそ、マンガ発展の要、という話も興味深かったです。

竹宮さんによると、戦後、鉄道などの物流網が発達したことにより、日本全国同タイミングでマンガ雑誌の発売日を設定することができるようになりました。それを逆算して、原稿の締め切りが設定された。その締め切りをマンガ家たちが命がけで守ることで、マンガ雑誌という日本独特の文化が発展したというわけです。

それにより、マンガ家は締め切り前の壮絶な徹夜という日常が発生してしまうのですが、それを契約なしに乗り越えた背景には、他の文化にはない、読者との相互コミュニケーションがあったそう

内田 (中略)日本の売れっ子マンガ家は毎週締め切りに追われて、最後の三日間ぐらいは毎回徹夜。
竹宮 本当にそのとおりです。夢中になって、がぁーっと描いて、出来たてほやほやの作品を送り出す。そして作品を読んだファンからの反応も、ファンレターのようなカタチですぐに受け取ることができる。〜このようなマンガ家と読者の一体感というか、コミュニティみたいなものが、日本独自のマンガ文化を育てたのではないかと思うのです。

この本を読んで、マンガについての歴史や発展について知れるだけじゃなくて、社会生活を送る上でのヒントも読み取ってしまったのは私の深読みのしすぎでしょうか。

でもやっぱり、若い世代の意見は尊重するべき、とか、締め切りは守るべき、とか、仕事は共同作業あってこそだとか……いろいろと参考になることだらけでした。

次回は、この本のメインキーワードでもある「マンガはオープンソースだ」について紹介していきます! (五十嵐ミワ)

『竹と樹のマンガ文化論』

竹宮惠子・内田 樹/著(小学館/740円+税)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理