1. トップ
  2. ダイエット
  3. あなたのぽっこりお腹はどのタイプ? チェックリストで診断!

あなたのぽっこりお腹はどのタイプ? チェックリストで診断!

  • 2018.4.20
  • 321923 views

欲しいのは、キュッとしたくびれとぺたんこ感! 「MAQUIA」6月号では、腹トレの効果を最大限に発揮するべく、まずは4タイプ別にぽっこりお腹の原因を診断。

あなたがすべき

 「腹トレ」100問100答 

しばらく姿を見ないくびれに、視界を遮るぽっこりお腹……。現実逃避する前に、全方位から切り込む腹トレテクに挑むべし!


Q 私のぽっこりお腹はどのタイプ?

A チェックリストで調べよう!

まずは、下のリストであてはまるものにチェックを。複数のカテゴリにたくさんチェックが入った人は、原因が複合的になっているサイン。最も多かったカテゴリから重点的に見直し、最短ルートでお腹をへこませて!

Q 骨格ゆがみタイプとは?

A 骨盤・胸郭・椎骨のゆがみが原因で
くびれが出にくいお腹に

「くびれは、ウエストにあたる胸郭と骨盤の間がしっかり離れていることで、メリハリが生まれます。けれど、猫背や前肩などの悪い姿勢により椎骨(背骨)のS字カーブが崩れて骨盤がゆがんでしまうと、胸郭が前傾して下垂し、骨盤と胸郭の距離が縮まってしまいます。その結果、ウエストにくびれが現れにくくなるのです」(南さん)

Q 脂肪太りタイプとは?

A 全身ふっくらの脂肪太りと
お腹だけぽっこりの隠れ肥満が混在

「全身ぽっちゃりの“脂肪太り”と、お腹だけ出ている“隠れ肥満”の2タイプがあります。脂肪太りは、高糖質+高脂質中心の食生活で皮下脂肪が増え、全身の体脂肪が多いのが原因。隠れ肥満は、低タンパク低カロリーなダイエットによる代謝の低下と内臓下垂が原因。どちらも食事内容を見直すのが得策です」(森さん)

Q 筋肉不足タイプとは?

A 腹部の筋肉不足で、
前にも横にもダルダルのお腹

「内臓を支えるインナーマッスル、見た目を整えるアウターマッスルの両方が足りていないタイプ。運動不足はもちろん、姿勢の悪さや低カロリーを意識した低たんぱくな食生活、ストレスなども原因と考えられます。体を引き締めてキープする筋肉がないため、ムダなお肉が前や横へダルダルに広がっていきます」(山崎さん)

Q 停滞腸タイプとは?

A 便秘や腸の下垂で下腹部ぽっこり。
腸に問題を抱えているお腹

「便秘で溜まった便の重さや、筋力の衰えなどによって腸が垂れ下がってしまうと、腸の機能自体が低下して老廃物が溜まります。お腹とトイレがつねに気になるため精神的にもイライラして自律神経が乱れ、さらに腸の動きが鈍くなる悪循環が発生。肌荒れ、洋梨体型、胸の垂れなど、心身トラブルのデパート状態に」(小野さん)


【次のページをチェック】なんで私たちのお腹はぽっこりしているの? 》》

Q なぜ私たちのお腹は
ぽっこりしているの?

A 骨格ゆがみ、脂肪太り、
筋肉不足、停滞腸が原因かも!

ボディラインを台無しにする“ぽっこりお腹”。その主な原因となるのは「骨格ゆがみ」、「脂肪太り」、「筋肉不足」、「停滞腸」の4つ。日常的な動きのくせやバランスの悪い食生活を放置し続けた結果なので、原因が1つではなく2つ、3つと複合的な場合も十分あり得ます。

南 雅子さん

美容家。整体エステ「ガイア」主宰。これまで12万人以上を指導。『「くびれ」のしくみ』(¥1000/青春出版社)など著書多数。

「本来、人間の体にはくびれがあるのが自然なので何歳からでも作れます。最も有効な方法は、胸郭を正しく引き上げて、胴体にくびれのためのスペースを作ること。もちろん、セルフケアで可能です」

森 拓郎さん

運動指導者。スタジオ「rinato」オーナー。『オトナ女子のためのヤセるレシピ』(¥1200/ワニブックス)など著書は累計70万部突破!

「実はボディメイクをすると、一番変化が出やすいのがお腹や腰周りなんです。ただし、脂肪は日々の食生活などで溜まりやすいので、きちんと意識しないと最後まで残りやすいのも特徴。正しい食生活と運動の継続こそがキープの鍵です」

山崎麻央さん

「ソラーチェ代官山」主宰。著書『#腹筋女子〜お腹が割れたら人生変わった!〜』(¥900/講談社)は発売当日に増版決定。

「体の内側にあるインナーマッスルは、臓器を正しい位置で支えたり姿勢を整え、ぺたんこお腹の土台となる重要な筋肉。表面のアウターマッスルとバランスよく鍛えることが美しいお腹への近道です。」

小野 咲さん

美腸ナース。日本美腸協会代表理事。美容エステサロン「GENIE」主宰。著書に『下がらないカラダ』(¥1200/サンマーク出版)。

「溜まった便の重さで腸が垂れれば下腹ぽっこり体型に。さらに腸の後ろにある大きな血管が圧迫されて血流悪化→代謝悪化→むくみ→冷え→便を含む老廃物が溜まるというスパイラルに陥ります」


MAQUIA6月号

撮影/藤澤由加(モデル) イラスト/河野悦子 取材・文/国分美由紀 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA6月号は4月21日全国発売】

の記事をもっとみる