バストアップとガッチリ二の腕の引き締めを一挙に。体幹にも効く簡単エクサで華奢ボディに

新しい出会いの多い春は第一印象の大切さに気がつかされる季節。華奢な印象の女らしいボディを実現したいと改めて感じている方は少なくないと思います。特に上半身の印象は大切ですから、上向きのバストライン、そしてほっそりとした二の腕は薄着の季節に向けても手に入れたいところ。そんな理想のボディラインを実現させるために役立てたいのが、バストアップ効果とガッチリ二の腕の引き締め効果を一挙に得られるピラティスの簡単エクササイズ「プッシュアップ」です。

このエクササイズは体幹のトレーニングにもつながるので、お腹周りの引き締めにも効果も発揮します。早速やり方とポイントをチェックしてみましょう。

バストアップとガッチリ二の腕の引き締めを一挙に叶える「プッシュアップ」

(1)床にうつ伏せに寝そべり、床に両膝を着いたまま両腕を立てる

(2)鼻から息を吸いながらお腹を後傾させるイメージでひじを曲げ、口から息を吐きながらひじを伸ばす

この(2)の動きを5回繰り返します。

なお、実践時に下写真のように「肩甲骨付近が盛り上がっている(左)」「お腹が床の方に落ちている(中)」「お尻が上がっている(右)」といった姿勢で行っても期待した効果が得られません。

実践時は「常に肩から膝のラインを一直線にキープする」ことを必ず心がけてください。

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされています。回数を増やすのは呼吸と動きに慣れてきてからで十分です。最初は無理をせず目標回数を達成することから始めて、上向きのバストラインとほっそりとした二の腕、そして引き締まったお腹周りを手に入れてくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ピラティス監修:SHIERI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴5年)>

元記事を読む
提供元: beauty news tokyoの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
お尻の引き締め&引き上げに効果的。いつの間にか【下半身太りの解消】が叶う簡単習慣
丸みのある下半身のラインはオンナらしさを引き立ててくれますが、少しでも油断していると余分なお肉がついてしまうもの。すぐに解消できれば良いのですが、なかなか落としにくいのが現実です。だからこそ毎日の習慣でケアしていくことできれいなラインをキープしていきましょう。 ▶︎8kg減&下半身痩…
beauty news tokyo
下半身ポカポカ!体幹を鍛える簡単エクササイズ
寒い日が続き、冷え性にはつらい季節が始まりましたね。今回は下半身の冷えにフォーカス! 体幹を鍛え、下半身全体の血流をよくするエクササイズをご紹介します。 体を大きく動かすことで全身が温まり、普段の生活では意識しづらい骨盤 […]
ごきげん手帖
1日5分でキュッと引き締め!夏に向けて冬こそ筋トレ!~下半身編~
寒い冬は脚を出さずにあたたかいボトムスで隠せばOK!なのですが、すぐに暖かい春そして夏はやってきます。その時に自信をもって脚を出せるようトレーニングしましょう! 細いだけじゃダメ!程よい筋肉のついた脚にしよう すらりとした美しい脚は、“しなやかなカラダ”の象徴。ただし細いだけの脚はヘルシーさに欠けるため、美しく筋肉をつけながら、引き締めるのがポイント。 内もも ひじを直角に立てて横になったら、片側の脚を曲げて、写真のようにもう片方の脚の前に置く。 立てたひじは方の真下にくるように 伸ばしている方の脚を、上に上げる。上げられるところまで上げたら下ろして、プロセス1の状態に。 片側の上げ下げが終わったら反対側も同じように これを一日10set! ひざ回り 写真のようにしゃがんだ状態になったら、手をつま先の前に。脚に効くように、手で身体を支えないように注意。 手で身体を支えない。床を触る程度に。 かかとを上げてつま先立ちに。このときも、手で身体を支えないように意識して、床に軽く触れている程度で。 かかとからお尻を少し話して、写真のような状態に。ここからエクササイズがスタート。 お尻をプロセス3の位置から10cmくらいあげ、あげたところからプロセス3の位置に戻る。上げ下げをゆっくり繰り返す。 手は身体を支えずに床を触れるだけ。 これを一日5set! ふくらはぎ まっすぐに立った状態で準備。かかとをくっ つけて、つま先を少しだけ開く。 親指のつけ根に体重を乗せるように意識し、 3秒かけてかかとを上げて、つま先立ちに。 かかとは3秒かけてゆっくりとあげる かかとを床のぎりぎりまで下げる。下げると きも3秒かけてゆっくりと下げるのがコツ。 ゆっくりとした上げ下げでムキムキにならず引き締め これを一日5set! 垂れた大尻だけは避けたい お尻を引き締めるとキュッと上に上がり、お尻の形がよく見えるだけでなく、 脚が長く見えるというメリットも。一年中パンツ姿が様になります。 大臀筋 手を腰にやり、まっすぐに立った状態で準備。頭を上から引っ張られているようなイメー ジで立ち、背筋を伸ばす。 まっすぐな姿勢をキープしたまま、片足を後ろに引いて、つま先を伸ばす。ここからエクササイズスタート。 引いた脚を真上に上げる。上げられるところまで上げたら下げる。脚が横に開かないように注意しリズミカルに行う。 脚を下げるときは床ギリギリでストップ これを一日10set! 中臀筋 まっすぐに立った状態で準備。エクササイズの最中に腰が傾くと効かないため、腰に手を やり、骨盤の水平をキープ。 骨盤の位置は必ずキープして。 片足を真横に上げ、上げられるところまで上げたら下げる。骨盤の位置をキープし、股関節から脚を上げるように意識。 ひざ頭を前に向け股関節から上げ下げ これを一日10set! 骨盤底筋群 女性ホルモンのバランスを整えてくれると言われるのが骨盤底筋群。ここの筋肉を意識して使うことによって、身体だけでなく心までも健やかに。 筋肉を使う 内ももの内転筋を使うことで、そことつな がっている骨盤底筋群を鍛える。まず、ひざを曲げて床に座り、ボールなどを膝の間に挟む。 膝でボールをつぶす。つぶしているときに、膣を閉めたりおしっこを止めるように意識すると、骨盤底筋群を効果的に使うことが可能。 つぶしているときに膣を締めるように意識 これを一日10set! 刺激する 背筋をピンと伸ばして、ボールやクッションなどの上に座る。お尻ではなく、会陰周りに当たるように座るのがポイント。 ボールやクッションが会陰周りに当たるように。 上体を上げ下げする。上げるときはボールを吸引するような感じで行って。背筋を伸ばし、お腹をへこませながら上げ下げを。 上げるときはボールを吸引するイメージで。 これを一日10set! 冬の筋トレエクササイズ成功させる3つのポイント 気になる部位だけピックアップ もちろん、すべてのエクササイズを行ってもいいけれど、長く続かなければ本末転倒。無理にがんぱるよりも、できることを毎日続ける方が大切。簡単なものや引き締めたい部位をピックアップして、自分のペースで毎日行うようにして。 引き締めたい部分を意識 引き締めたい部分を意識しながら行うのは、エクササイズの鉄則。何も意識しないで行うと、どうしても楽な動作になりがちで、筋肉に効いていないことも……。ターゲットとする筋肉に意識を集中することで、筋肉がきちんと使われて、効果もアップ。 1ヶ月を目安にできるだけ毎日 効果がでてくるまで個人差があるけれど、1ヶ月くらいが目安。スマホを手にしてしまう時間をエクササイズに充てるように心がけてみるのはいかが? 美味しいものはたくさん食べたい。でも、太りたくない。これは多くの女性の願いです。美は一日にしてならず。冬こそ筋トレをして夏に自信の持てるボディでお出かけしましょう! kiitos vol.9より
PeLuLu
体幹を強化!「足の親指を掴んで伸ばすポーズ」が決まる3つのワーク
体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「ウッティターハスタパーダングシュターサナ」(足の親指を掴んで伸ばすポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターのHANAE先生に教えてもらいました。
Yoga Journal Online
たった1分夕方やるのが肝!「コピー取りながらエクサ」でくびれボディ
会社帰りや夕方の業務中、またスーパーの買い出し中など、夕方に行うずぼらながらダイエットを行いましょう。教えるのは、多くの女性のダイエットや睡眠のサポートを行う、パーソナルボディトレーナー・ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さん。どうしてもハードな運動が苦手…という方に行ってほしい、とっても簡単なエクササイズをご紹介します。
anan web
横っ腹のプニ肉をジワジワ引き締め。ねじる動きが鍵【くびれウエスト】を取り戻す簡単習慣
ふと気づくと横っ腹のプニ肉が成長していて、「お腹周りのラインが出るファッションはもうムリ!」と感じている方は少なくないと思います。そんな方にぜひ習慣に取り入れてもらいたいのが、お腹周りをねじることで腹斜筋をはじめウエスト周りの筋肉の柔軟性を上げて動きを良くする簡単ストレッチです…
beauty news tokyo
すき間のある【ほっそり太もも】に。内もものたるみ肉の引き締めに効く簡単習慣
年末に向けて美味しいものを食べる機会がたくさんあって、つい自分を甘やかしがちの方は少なくないかも。でも何もしないでいると、身体の気になるパーツがいつまでも悩みの種として残ってしまいます。そこで今回は太ももに“すき間”を手に入れたい方にぜひ習慣にしてほしいピラティスの簡単エクササイ…
beauty news tokyo
お尻と太ももの境目がほしい!寝ながらエクサで「美ヒップ」を目指そう
冬もスキニーデニムが履きたい! しかし、そんなときに気になるのが“ヒップライン”ですよね。ぴったりと体のラインが出るスキニーだからこそ、ごまかせないお尻。トップスで隠すとより目立ってしまうし……。 そんな女性の悩みに、ヨ […]
GATTA
ぷよぷよ脚をスッキリ引き締め。代謝UPまで叶う【脚痩せ効果】バツグンの簡単習慣
冬の装いは気になるボディラインを隠しやすいため、気を緩めているといつの間にか下半身がぷよぷよとした印象になってしまった経験のある方は少なくないと思います。そんな悲劇を予防するためにもぜひ習慣に取り入れたいのが、脚全体と体幹を強化できるヨガの簡単ポーズ【鷲のポーズ】です。早速やり…
beauty news tokyo
体幹を鍛えてペタ腹に!お腹やせに効くアシュタンガヨガのポーズ #今日のねこヨガ
■ねこのバランスのポーズ 両手両ひざをついた状態から、対角線上に片手片脚を伸ばします。 バランスをとることで、自然と体幹部が鍛えられます。 <やり方> 床に、両手両ひざをつける。手は肩の下、ひざは脚のつけ根の下につき、ひ […]
fytte
カギとなるのは“足首の引き締め”。スラリ美脚の黄金比【5:3:2】に近づく簡単ながら習慣
日々のコーデをよりお洒落に見せるためにも、ほっそりとしたスーッと一直線に伸びる美脚をキープしていきたいもの。それには、引き締まった太もも、ぜい肉のない膝周り、キュッと引き締まった足首の3つをすべて揃えることが重要になります。 ▶︎サイズダウンにも効果大。太ももにしなやかさを取り戻す…
beauty news tokyo
たぷたぷ二の腕をスッキリ引き締め。華奢感たっぷりの【細腕】に導く3つの簡単習慣
イベントやお呼ばれの機会が増える年末に向けて、意外と腕のラインを露出するアイテムを着用する機会は多いもの。オンナらしくきれいめな着こなしを演出するためには華奢感たっぷりの【細腕】が必須となります。 ▶︎バストアップ効果も期待できる簡単【二の腕引き締め】エクササイズ そこで「筋トレを…
beauty news tokyo
立ったまま靴下履ける?体幹を鍛え、しなやかな体を作るエクササイズ
こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。ブーツや靴下は、立って履きますか?座って履きますか?そうしたちょっとした習慣で、しなやかな体を作ることができます。今回は、その理由とヨガとの関係にも触れながら、お伝えします。
美LAB.
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理