1. トップ
  2. メイク
  3. 細い&短いまつげの塗り残しが平均4分の1もあるなんて知ってた? 使えるマスカラ最前線

細い&短いまつげの塗り残しが平均4分の1もあるなんて知ってた? 使えるマスカラ最前線

  • 2018.4.8
  • 3990 views

またまた現れました! 名品マスカラ‼︎ デジャヴュが新たに着目したのは、マスカラを「平均4分の1は塗り残している」いう事実。うぶ毛のように細かったり短かったり、存在感が薄くて至近距離でも捉えにくいまつげ、確かにあるーーー‼︎ メガネ派の私なんて、裸眼のもやっとした視界の中でもっと塗り残ししてるかも⁉︎と、早速反省。
今回の新作は、その塗り残されていたまつげすらしっかり際立たせてくれるというのです。一体どうやって⁇

こちらがその新作。「塗るつけまつげ」自まつげ際立てタイプ。デジャヴュ ラッシュアップK ¥1200。6月6日新発売。※全国のPLAZA・MINi PLAで先行発売。一部取り扱いのない店舗もあり。

ヒミツその1はこのブラシ。断面は三角形になっていてかつその毛の最短は1.5mm。目頭、目尻、下まつげなど、今まで塗り残されがちだったエリアにすっとブラシを当てることができるんです。うっかり肌にブラシが触っちゃうなんて心配も、このコンパクトヘッドならへっちゃら!

4色ボールペンと並べてみました。ケース自体とってもコンパクト。手ぶれしにくい形状を考えて、ペンのように握りやすい長い持ち手を採用したそう。

実際に手にしたところをパチリ。まさにペンを持つ感覚で使いやすい!

ヒミツその2。発表会で実験を見せていただきました。うぶ毛のような細いまつげや短いまつげは、通常のまつげに比べてコシが弱いので、フィルム液も新たに開発したのだそう。密着性は高いままに、粘度を低くなめらかにすることで細いまつげも根元から毛先までフィルム液がムラなくのびる!(写真下)

左目のまつげを利き手ではない左手で塗るのは、実は苦手。しかし!このマスカラは握りやすくていつもより全然手ぶれしない。しかも目頭ギリギリから黒目辺りまでを根元にブラシを滑りこませて一気に塗ることができました。すごーい♡♡♡ 液も本当になめらか。重ね塗りしても重くならず、しかもすぐ乾いてまったくヨレない。ありがたやー!

ピン甘めでごめんなさい! 肉眼ではもっと1本1本すっとなめらかに見えているのですが、でもわかりますよね、私の下まつげや目頭の毛量感。もちろん上まつげも長さと密度がアップしました。自分のまつげ、自力で存在感が出せるんだ!と自信復活(笑)
もちろん、これまでの「塗るつけまつげ」同様、皮脂・汗・涙をはじいてパンダ目にならないのに、お湯でラクチンオフ! 保湿効果のある美容成分が配合されていたりと、まつげにストレスがかからない処方がうれしい。発売はまだ先ですが、ぜひチェックしてみてください!(副編クドウ)

元記事を読む