1. トップ
  2. 恋愛
  3. “彼ロン”ついに最終回…エリート彼氏か?“ローン彼氏”の横浜流星か?真野恵里菜の運命は!?

“彼ロン”ついに最終回…エリート彼氏か?“ローン彼氏”の横浜流星か?真野恵里菜の運命は!?

  • 2018.4.2
  • 7304 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/142220/

3月9日より配信され、ネットをざわつかせてきた野島伸司脚本、真野恵里菜主演による異色の恋愛ドラマ「彼氏をローンで買いました」(dTVとFODで同時配信)が、4月2日(月)配信でついに最終回を迎える。

■ これまでのあらすじ

俊平(淵上泰史)が白人女性を歩いているのを目撃したり、千尋が麗華の息子に手を上げていたりと衝撃の展開が続いた第5話。

一方の多恵(真野)は、俊平(淵上泰史)からプロポーズをされた際、つい彼を突き飛ばしてしまい気落ちするが、ジュンの励ましもあって何とか気を取り直す。

だが、俊平に電話をしようとするもつながらず、多恵はさらなる危機的状況に陥る。

■ 一念発起したジュンが就職活動!?

多恵は、俊平に着信拒否されていることに激しく落ち込み、“専業主婦”になる夢が破れたと思い、泣き出してしまう。

励まそうとするジュンに多恵は、「責任を取ってあんたが私を専業主婦にして」と迫る。始めはむちゃだと拒否するジュンだったが、多恵から“月々398”の価値もないと言われ、売り言葉に買い言葉で就職活動を始める。

就職活動に励むジュンだったが、現実はそう甘くなく、ことごとく玉砕。道端で落ち込んでいると、偶然俊平に出会う。

そこで、俊平の口から真実を聞いたジュンは、全てが多恵の勘違いだったと分かるが、彼の態度に憤慨する。

その晩、ジュンに怒られた俊平は、思案の末、自分なりの答えを出して多恵のアパートを訪ねる。

“トップスリー”多恵、由愛(久松郁実)、ひより(小野ゆり子)の軽快な女子会トークもこれで見納めに…。最後は、日本人男性に見切りをつけて、中国進出を目論むも、言語の壁が立ちはだかる。

一方、就職活動をすることになったジュンがリクルートスーツ姿を披露! だが、現実は甘くないようで…。

そして、多恵が“専業主婦”になるという夢をつかみ、誰と結ばれて幸せになったのか。また、多恵は麗華(長谷川京子)が抱えていた闇とは違う結末を迎えられたのかどうかは必見だ!(ザテレビジョン)

元記事を読む