1. トップ
  2. ファッション
  3. マツコデラックス、地元愛の弱い京都JKにマジ説教!?

マツコデラックス、地元愛の弱い京都JKにマジ説教!?

  • 2018.3.31
  • 10616 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/142217/

3月31日(土)の「マツコ会議」(夜11:00-11:30、日本テレビ系)は、女子高校生を対象に「今、流行(はや)っているもの」を調査する人気企画「女子高生トレンド中継」の京都編を送る。

■ 嵐山駅が“インスタ映え”スポットと知っていましたか?

ロケ隊は、京福電気鉄道「嵐山駅」に参上。嵐山駅は2013年に大幅にデザインをリニューアルし、京都の“JK”に人気のInstagram用の撮影スポットとなっているという。

中でも定番はコンコース。多くの人が、京友禅の生地をLEDで透過させたポールをバックに写真を撮っている。

■ 和装JKが登場! マツコが助言をすると…

早速、女子高校生たちに流行を尋ねると「インスタ映え!」と即答。インスタ映えブームはいまだ勢いが衰えていないことが分かる。

しかし、“インスタ至上主義”に疑問を抱くマツコデラックスは、和装の女子高校生が撮った写真を見て「“映え”ようと思ったら、後ろにあんな(ステキな)友禅があるんだから、あの柄の着物選んじゃダメよね」とダメ出し。

「シックな黒とか紺とか着たら映えるのよ。そこがまだ甘い」とマツコならではの視点でアドバイスするが、若者たちに「いいやんな」と冷たく返されてしまう。

マツコは、「…はい」と返事をしたものの、ムスッとした表情が隠せない。マツコにも物怖じしないJK、恐るべし。

■ 京都の女子高校生は郷土愛に欠ける!?

“マツコVS女子高校生”のバトルはこれだけにとどまらない。「京都の女子高校生って何をやって遊んでいるの?」と質問すると、「とりあえず京都は出る」とショックな答えが。

「ビルが高くて、看板が派手で」と東京が魅力的だと語る彼女たちに、マツコは「京都はそれが違うからいいんじゃない」と反論するが、「いや~、違うな」とあっさり否定される。

マツコは「東京の看板の無秩序さが嫌。京都は、セブンイレブンとかローソンとかファミマとか茶色っぽいじゃない」と景観の保たれた京都の魅力を何とか伝えようとするが、「それが嫌!」とまったく意に介さず。

■ 個性豊かな、はんなり女子高校生が続々登場!

どこまでも平行線をたどる会話に、マツコはたまらず「何でよ! 自分の地元がどれほど素晴らしいか省みなさい!」と説教モードに。感情的になったマツコは劣勢のまま押し切られてしまうのか?

他、鍛え抜いた腹筋をアップすることにハマる筋トレ好きの学生や、カメラアプリで自分とおばあさんの顔を盛って楽しんでいるという女子など、インスタに夢中な女子高校生たちの最新のトレンドを深掘りする。

■ マツコは言い負かされてしまうのか!?

本番組ではマツコの言う事をすんなりと聞く一般人が多いが、今回はマツコが大苦戦の様相。京都JKがマツコを言い負かす“歴史的瞬間”が見られるかもしれない。(ザテレビジョン)