1. トップ
  2. グルメ
  3. 新しい文房具で気持ちを新たに♪「コクヨハク」で見つけた素敵な文房具|編集部レポ

新しい文房具で気持ちを新たに♪「コクヨハク」で見つけた素敵な文房具|編集部レポ

  • 2018.3.30
  • 8430 views

新学期や新年度を迎えるこの季節。3月30日(金)~4月1日(日)、期間限定の情報発信型のステーショナリーショップ「コクヨハク2018」が東京・丸の内にある「KITTE地下1階 東京シティアイ」にて開催中です。今年のテーマは「ステーショナリーレストラン」。文具を食材や料理に見立てたレストランのような演出や、人気イラストレーターによるライブドローイングなど楽しい企画がたくさん。ひと足お先に体験してきたので、ことりっぷ編集部がその様子をレポートしたいと思います!

スイーツな文房具がお出迎え♪

会場に入口では、文房具をスイーツに見立てたディスプレイがお出迎え。文具が詰まった「メッセージボトルセット」がケーキのように並んでいたり、ケーキに見立てた文房具が乙女心をくすぐります。
ディスプレイに使用されている文房具は、もちろん購入も可能。同イベントでしか手に入らない限定グッズもあるので、チェックしてみて。

会場限定商品がたくさん!

会場には定番商品をアレンジした、ここでしか買えない限定商品が他にもたくさん。

スイーツをイメージし、表紙色にした正方形のノート「リエデン カラーズ スイーツ」や、いつものキャンパスノートとつい比べたくなる「A3キャンパススケッチブック」、おなじみの原稿用紙の罫線がかわいいピンクとブルーになった「スイーツ原稿用紙」、和菓子のような形をした「スイーツ透明くれよん」など、見ているだけで楽しいグッズがたくさん!

ことりっぷ編集部が注目するのは各日100個限定で販売される、測量野帳そっくりなチョコーレート「やチョコ」(1000円)。抹茶チョコレートとホワイトチョコレートが層になっており、金色の文で“SKETCH”のタイトル入りです。ちょっとしたサプライズとして喜ばれそうですね。

滋賀県とのコラボ商品も

キャンパスノートのマザー工場がある滋賀県とのコラボレーションブースには、滋賀ならではの文房具がお目見え。飛び出し坊やのグッズや琵琶湖モチーフのものなど、くすっと笑えるユニークな文房具もチェックしてみてくださいね。

ユニークなKOKUYO DESIGN AWARD受賞作品

会場で目を引くのは、KOKUYO DESIGN AWARD(コクヨデザインアワード)受賞作品の文房具たち。
数字が一本の糸で縫われたカレンダー「儚く、美しく」は、糸を引っ張ると、数字がほどけて消えていきます。一日が終わるごとにこの糸を少しずつ引っ張ることで、儚く過ぎてゆく日々に思いを寄せることができますよ。

その他にも、リング部分がカードをまとめるバンドとして使える「すっきりとした単語帳」や水引の蝶結びをあしらった「和ゴム」、斜めにカットされたページがめくりやすい「パラクルノ」など、ユーザー視点の“欲しかった”アイデアの商品が並んでいました。

こちらの商品は会場以外でも購入できるので、今回のイベントに足を運べない方も近くの文房具店で探してみてくださいね。

「コクヨハク2018」には、紹介しきれなかった文房具もまだまだたくさん!お気に入りの文房具を探しに、今週末は丸の内にお出かけしてみてはいかがでしょうか?