1. トップ
  2. メイク
  3. たまには“かっこいい”を目指そう!キリッとした目元の作り方

たまには“かっこいい”を目指そう!キリッとした目元の作り方

  • 2018.3.29
  • 2890 views

いつも可愛いメイクをしていると、時にはかっこいいメイクに憧れる時もありますよね。ハリウッド女優のような大人の女性らしいメイクでさっそうと歩いてみたい。そんな時は、まずは目元からかっこいいに入りましょう。

ポイントを押さえた、キリッとかっこいい目元で、クールな雰囲気を演出しましょう。

かっこいいメイクのポイントはやっぱり目元

かっこいいメイクのポイントは、やはり目元です。きりっと涼しげな目元は、かっこいい女性の象徴的な存在。そして、メイクで作りやすい部分でもあります。

目元は他の部分に比べてメイクアップアイテムが豊富で、メイクで雰囲気を変えやすい部分でもあります。いつもの自分のイメージをガラッと変えたい時には、ぜひ目元から変えていくとよいでしょう。

もちろんかっこいいイメージづくりにも、目元メイクは欠かせない存在。存在感のある目元をかっこよく演出して、大人の女性や強い女性のイメージを作り出しましょう。

かっこいい目元の作り方

かっこいい目元の作り方として、まずメイクアイテムはなるべくブラックを使うことをおすすめします。ブラウンやピンク系はかわいらしく柔らかい印象がありますので、かっこいいメイクを作る時には少しイメージがずれてくるでしょう。

ブラックが苦手な場合は、濃紺などの寒色系のアイテムを使うと、クールでかっこいいイメージを演出しやすいですよ。

アイラインを跳ね上げる

アイラインを引く時は、少し端を跳ね上げるように引いてください。その方がキリッとした印象になり、強い目元が出来上がります。

アイラインは、ペンシルよりもリキッドの方がかっこいい目元になりやすいです。リキッドはメイクにテクニックがいる部分はありますが、何度か練習して、テクニックを手に入れましょう。かっこいいにも練習は必要なのです。

マスカラはだまにならないようにシャープに

マスカラは、だまにならないようにシャープに引くようにしましょう。繊維がたくさん入ったものは、マツゲを長く見せてくれますが、だまになりやすくもありますので、繊維のないタイプをあえて選ぶのもひとつの方法です。

マスカラはくっきりと綺麗に引くことが必須条件になりますので、失敗してしまったらいったん落としてやり直すくらいの丁寧さが必要です。

アイシャドウはしっかりグラデーション

アイシャドウは、ブラウンか寒色系のカラーを選びましょう。かっこよくクールに見せるコツは、とにかくグラデーションを綺麗に作ること。一度アイシャドウをのせた後も、指の腹やスポンジを利用して綺麗になじませるようにしましょう。

一つ一つの工程で手を抜かないことも、綺麗なメイクを完成させるためには大切なことです。

甘さを引き算、唇のグロスを塗らない

かっこいいメイクには、甘さは基本的には不要です。かっこいい大人の女性や。強く凛々しい女性を目指すのであれば、スイーツのような甘そうなテリ感は避けるようにしておきましょう。

唇は特に甘さが出やすい部分ですので、あえてマットに仕上げて、グロスはつけないようにしておきます。乾燥が気になる時はつや感のある口紅を使う程度に留めておき、乾燥対策は口紅用の下地などで行うようにしましょう。

全体的にピンクや白、マカロンカラーの甘さはできる限り排除しましょう。もちろん服装にも言えることで、メイクをかっこいい系にしておいて、パステルカラーの服を着ていてはミスマッチです。全体のバランスも重要ですので、服装もかっこいい系等のものを選びましょう。

眉は凛々しくキリッと

かっこいい眉は、やはりキリッと凛々しく描いていきましょう。いつもはパウダーでふんわり描いていたとしたら、ここはペンシルに変えて、少し強めに描いていくようにしましょう。

落ちにくさも重要ですので、眉を描いた後は眉を落ちにくくするメイクアイテムを使用するなどして、一日かっこいい眉をキープしていきましょう。

キリッとした目元でかっこいいを目指そう

キリッとした目元をメイクで演出して、かっこいい女性を目指しましょう。目指す女性像がはっきりしている場合は、憧れのスターの写真などを手元に置いてメイクするとイメージを外しにくいでしょう。

たまにはガラッとイメージを変えて、周囲を驚かせてみませんか?