1. トップ
  2. 恋愛
  3. こんなことでも?男性が「こいつ、可愛げがないなあ…」と思う女子の言動4つ

こんなことでも?男性が「こいつ、可愛げがないなあ…」と思う女子の言動4つ

  • 2018.3.28
  • 106093 views

「可愛げがない」と彼に振られた話をよく聞きます。その一方で、同性の目から見てもサバサバしていたり、有能だったり、はたまた恋人より年上なのに「なんだかかわいらしくて放っておけないんだよね」と言わせる女子もいます。
男性の言う「女子の可愛げ」っていったい何?何をすると「可愛げがない」と思われてしまうの?

「いいよ、こんなの悪いよ」

彼の心遣いに対し「ありがとう」「嬉しい」など、感謝の言葉がスッと出てこない人は可愛げがないと思われているかも。

「お礼を言わないなんてありえない」と、礼儀としては思っていても、なんだか悪いなあ……という気持ちから「いいよ」「こんなの悪いよ」という言葉が先に出ることもあります。
遠慮や照れで喜びを素直に表現できないなど、感謝の言葉がすぐ出ないタイプは要注意。男性は女子の喜ぶ顔が見たくていろいろしてくれるもの。

お金や手間をかけてもらったら、せめて言葉だけはケチらず、存分に喜びを伝えるのがマナーです。

「それ、知ってる」

好きな男性には「この子といると会話が弾むなぁ」と思われたいもの。

でも、共通点をアピールしたいあまり、彼の話すことに何でも「それ知ってる!○○なんだよね」と食いつくと「可愛くないなあ」と思われてしまうかも。
いくら知っていることでも、彼に気分よく話させてあげないと、「こいつ、オレに張り合おうとしてるの?」と思われる原因に。彼の話すことに詳しいのなら、どんなところが「語りたいポイント」なのかわかるはず。「知ってる知ってる!」アピールより、ツボを押さえた相槌で彼のアシストをしてあげましょう。

「○○してあげる」

可愛い女と思われたいあまり、自分を抑えすぎるのも「可愛げがない女」になる落とし穴。
なにかと彼に合わせて恋愛をしている女子は少なくありません。自分もそれを楽しめていればいいのですが、ホントはちょっと面倒なことも多いはず。そんな状態が続くと次第に女子の全身から「自分の気持ちにウソをついてまであなたに合わせて尽くしてるんだから、見返りにちゃんと愛してね?」という黒いオーラが発せられます。
彼に対して「○○してあげるね」なんて言う回数が増えてきている人は要注意。ムリに彼に合わせても、合わせることを心から楽しめている女子には勝てないのです。

「でも」「だって」

なにかと言い訳をしたがる女子も、男性から見ると「可愛げがない」と感じるようです。
「後輩女子が、仕事のミスを指摘されても絶対に言い訳する。『でもそれは○○さんが』とか『だってやり方を知らないので』とか。ミスするのは仕方ないけど、素直に人の言うことを聞けないコは同じ間違いをまたやるし、何を言ってもムダ感がすごい」という声も。
仕事の件に限らず、自分が絶対正しい!謝りたくない!と思っているかのような態度はNG。「出来ないコだと思われたくない」気持ちをだすより、人の言うことを聞き入れる姿勢を見せるほうが、ずっと好感を持たれます。
遠慮の気持ち、彼と話したい気持ち、愛されたい気持ち…彼を好きだからこその行動も、表し方を間違えると「可愛げのない女」と思われてしまうよう。変にひねらず、素直に接することが「可愛い女」への近道のようです。(中野亜希/ライター)
(愛カツ編集部)