1. トップ
  2. 恋愛
  3. 登場人物がとにかくかっこいい!単なるリーガルドラマではない『SUITS』の魅力

登場人物がとにかくかっこいい!単なるリーガルドラマではない『SUITS』の魅力

  • 2018.3.28
  • 6282 views

大人気のリーガルドラマ『SUITS/スーツ』。英国のハリー王子の婚約者として知られるメーガン・マークルの出演ドラマとして聞いたことのある人も多いでしょうが、主役は対照的な性格の二人のイケメン弁護士。天才的な頭脳を持つ彼らが様々な訴訟に挑みながら、人間関係に悩んだり、過去の過ちと向かい合って成長していく姿が見どころです。

【関連記事】『SUITS』"レイチェルの父"ウェンデル・ピアース、メーガン・マークルの卒業を語る

米USAネットワークで2011年にスタート。大ヒットを記録したため、シーズン1放送中にシーズン2の製作が決まりました。今年4月25日にシーズン7がフィナーレを迎える予定で、シーズン8の製作も進められています。

◆リアリティのある人間ドラマ

主役は、非情な敏腕弁護士のハーヴィー・スペクターと、天才的な頭脳を持つ青年マイク・ロス。ハーヴィーが大人の色気を持つ一方、マイクは初々しさと情熱を持つ若手という対比です。ハーヴィーが勤めるピアソン・ハードマン法律事務所の所長であるジェシカ・ピアソンは、彼ら二人を厳しく、そして時には優しく見守る、やり手の弁護士でスタイル抜群。同じ事務所に所属する弁護士ルイス・リットは、ハーヴィーを敵視して嫌みな言動を繰り返すも、どこかドジで不器用な憎めないキャラクターです。ハーヴィーの美人秘書ドナ・ポールセンは、サバサバした性格で仕事をテキパキこなすデキる女性でありながら、ウソ泣きが得意といったお茶目な一面も。弁護士の業務を補佐するパラリーガルのレイチェル・ゼインは、優しく可愛く賢い女性ですが、偉大な弁護士である父親に大きなコンプレックスを感じていて、ロースクールのテストに受かる自信がなかったりと、どこか自分に引け目を感じています。ちなみに、このレイチェルを演じるのが噂のメーガンです。

舞台となるのは、NYのマンハッタンにある法律事務所。ハーバードのロースクールを卒業した一流弁護士ばかりが集まる中でも敏腕として知られるハーヴィーは、高慢で非情な性格の持ち主。事務所所長ジェシカのシニアパートナーを望みますが、彼女から出世の条件として仕事のパートナーであるアソシエイトを雇うよう言われます。ハーヴィーはしぶしぶアソシエイトの面接をホテルで行いますが、そこへ転がりこんできたのがマイクでした。マイクは面接を受けに来たわけではなく、唯一の家族である祖母の入院費を稼ぐために麻薬の運び屋をしていたところ、警官に見つかりそうになり面接会場に逃げこんできたのでした。しかし、マイクに天才的な頭脳と記憶力があることを見抜いたハーヴィーは、彼をアソシエイトとして雇うことに。ハーバード大卒という偽りの経歴を作り上げられたマイクは、経歴詐称がバレないか常に気にしながら、ハーヴィーとともに難しい訴訟に立ち向かっていきます。

◆単なるリーガルドラマではない!

『SUITS』の魅力は、弁護士という職業に注目しただけの単なるリーガルドラマではないこと。ハーヴィーとマイクという全く異なる性格の二人が、ぶつかり合いながら成長していく人間ドラマとしての要素も持ち合わせています。もちろん、恋愛模様も楽しめます。

「SUITS」は、洋服の「スーツ」と「訴訟」という二つの意味をかけたタイトル。その通り、登場人物のスーツをはじめとしたおしゃれも楽しめます。ハーヴィーが着ているのは高価なオーダーメイドのスーツ。ルイスはイタリア製のスーツがご贔屓。最初は安物のスーツを着ていたマイクも、次第に彼らの影響を受けてスタイリッシュなスーツを着用するようになります。

◆シーズン1後半から一気に面白くなる

展開の速い作品が多い海外ドラマにしては珍しく、本作のシーズン1の前半あたりまでは物語の進み方が比較的ゆっくり。その前半で描かれるのは、法律事務所の一員となったマイクが特許取得など経験したこともない仕事に四苦八苦する様子です。ストーリーが急展開を迎えるのは同シーズンの後半からで、レイチェルや悪友の恋人ジェニーなど、マイクの人間関係が複雑化していきます。さらに、ハーヴィーの検事補時代の恩師キャメロンが登場し、彼の過去が明らかになるという展開も待ち受けています。

ハーヴィー自身にも大きな変化が。最初は冷たく高慢な態度の多いのですが、マイクと過ごすうちに優しい一面を見せるなど、感情を露にする場面が増えていきます。ストーリーが進むとともに登場人物が織り成す人間模様や、彼らの成長ぶりがハッキリと感じられるようになり、どんどん目が離せなくなるでしょう。見れば見るほどハマってしまう、中毒性のあるドラマとなっています。

本作で描かれる世界は決して非現実的なものでなく、優秀な弁護士がまっすぐ仕事に向かう姿や、人間関係や恋愛で悩む姿には共感できる部分も多いはず。そうした堅実なテーマの一方で、ルイスのドジっぷりやハーヴィーが冷徹な弁護士を下す場面など、笑える部分や爽快感のある部分も満載。登場人物が全員いろんな意味で魅力的な『SUITS』、一度ご覧になってみては?(海外ドラマNAVI)

Photo:『SUITS/スーツ』
(C)2016 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.