1. トップ
  2. ファッション
  3. ランバン オン ブルー18春夏ランウェイショー、アウトドアウェアをシックに着こなして

ランバン オン ブルー18春夏ランウェイショー、アウトドアウェアをシックに着こなして

  • 2018.3.28
  • 1410 views

ランバン オン ブルー(LANVIN en Bleu)は2018年春夏コレクションのランウェイショーを、2018年3月27日(火)、東京・品川の寺田倉庫にて開催。

8年ぶりのランウェイショー

約8年ぶりとなる今回のランウェイショーでは、ランバン オン ブルー2018年春夏コレクションのメンズ・レディースアイテムを、スタイリスト・シュン ワタナベ(SHUN WATANABE)と、ヘアメイク・加茂克也のタッグにより再構築。ランバン オン ブルーのブランドコンセプトである"シックで生意気な遊び心(CHIC et GAVROCHE)"を最大限に表現したルックを展開していく。

アクティブウェアを主役に

ブロックカラーのウィンドブレーカー、マウンテンジャケット、ポロシャツ。足元のサンダル、スニーカー、ベルトやバッグといった小物類まで、コレクション全体にはアウトドアシーンを連想させるアクティブなムードが漂う。

カーキやネイビーといったダークカラーで染められることにより上品な魅力を纏ったこれらのアイテムは、独自のスタイリングにより、一層シックなニュアンスが加えられた。ブロックカラーのジャケットからはボリューミーなラッフルのワンピースを覗かせ、エレガントな佇まいに。マウンテンパーカーには、かっちりとしたジャケットを重ねている。

ジェンダーレスな着こなし

もう一つ見逃せないのは、メンズ・レディースのアイテムを織り交ぜたジェンダーレスな着こなしだろう。メンズモデルが纏うビビッドカラーのパーカーには、軽やかなブラウスを合わせて。スーツルックにはたっぷりのフリルを配したシャツを差し込み、フェミニンな表情を加えている。

ウィメンズモデルたちは、オーバーサイズのセットアップやコーチジャケットをベルトで絞り、女性らしいシルエットで。スポーティーなジャケットにストライプ柄のドレスを合わせたり、アクティブなハーフパンツにブラウスを組み合わせたりして、フェミニンな着こなしを提案していた。

の記事をもっとみる