1. トップ
  2. ダイエット
  3. 初対面で話す&人前で話すときも超好印象! 感情豊かな「声の出し方」エクササイズ

初対面で話す&人前で話すときも超好印象! 感情豊かな「声の出し方」エクササイズ

  • 2018.3.27
  • 798 views

笑顔と声が大切なのは分かるけど、具体的にどうしたらいいの? そんな疑問に専門家が答えます!

Voice

話しやすい!と思わせる

感情豊かな声の作り方

話し方教室「KEEʼS」代表。元キャスターの経験を生かした、個性を引き出す講座が人気。就活成功コースでは面接の必勝法も伝授。

自分の気持ちを伝えるためには状況に合わせた声音の操作を

「どんなに楽しい内容を話していても、声が暗か ったり、必要以上に大きいと内容が頭に入りませんよね。声は感情を伝える大切なツール。いくら話す内容を考えていても、声に心がのらないと伝わりません。心をのせるために大切なのは、声のトーンとボリュームのコントロール力なんです。声は空気を振動させて相手に届くので、より遠くまで伝わるように腹式呼吸もマスターしましょう」

なりたい印象は声で作れる!

声のトーンが低いと落ち着いていて、高いと可愛らしい印象に。この軸を中心にして、ボリュームを調節することで、さまざまな感情が伝わりやすくなります。ピンクのゾーンが好印象エリア。

腹式呼吸が大切!

グリーンニット¥1990・デニム¥2990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー)
腹式呼吸が身につけば、呼吸が深くなって通りやすい声に。あおむけになり、鼻から大きく息を吸い込み、お腹いっぱいに空気を入れる。

これ以上お腹が膨らまない! というくらい吸い込んだら、今度は口からゆっくり息を吐く。お腹がペタンコになるまで吐き切って。

美声3か条


自分の感情を表す

声のトーンを

マスターせよ!


腹式呼吸で

より通る声を

手に入れよ!


ボリュームを

調節して

抑揚をつけるべし!

口の筋肉をしっかり動かして
聞き取りやすいクリアな母音に

「母音がぼやけると言葉自体が聞き取りにくくなるので、まずは口の筋肉をしっかり動かしながら"あいうえお"と発音を。"あ"から"お" まで口を閉じずにスライドさせることで口の回りにある口輪筋がしなやかになり、母音をクリアに発音できるようになります。1日2分間取り入れれば、1週間後には声にも表情にも変化を感じるはずですよ」(野村さん)

ボーダーカットソー¥1490 ・デニム¥2990/アース ミ ュージック&エコロジー 新宿ミロード(アース ミュージック&エコロジー)
「あ」は縦にも横にも指が3本入るくらい、四角く開く。「い」は口角を限界まで横に引き伸ばす。「う」は唇を前方に引っ張られるようにとがらせ、「え」は横一文字に開きながら逆三角形を意識。「お」は縦長の楕円になるように唇を開く。それぞれ口回りの筋肉が痛くなるくらいまで動かし、母音を発音しながら2分間繰り返す。

頬と舌を鍛えれば
快活な印象に

「元気に見せたいなら、子音の発音にも注意を。舌を動かすラ行やタ行の発音がキレイだと、ハキハキとした快活な印象に。舌がしっかり動くように日頃からトレーニングをすれば、明るい声が手に入ります」(野村さん)

あご先を本などで支え、本を動かさないように「ら・ら・ら・ら・ら」と発音。あごの力は使わず、舌先だけで発音するのがコツ。