1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『クリミナル・マインド』シェマー・ムーア主演、大ヒットドラマが復活!『S.W.A.T.』独占初放送決定

『クリミナル・マインド』シェマー・ムーア主演、大ヒットドラマが復活!『S.W.A.T.』独占初放送決定

  • 2018.3.27
  • 2689 views

多発する凶悪事件に果敢に立ち向かう特殊部隊S.W.A.T.の活躍を描いた70年代の大ヒットドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』の舞台を現代に移して、よりパワーアップしたアクション超大作『S.W.A.T.』。大人気犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』で、人情に厚い行動派のFBI特別捜査官デレク・モーガン役で人気を博したシェマー・ムーアを主演に迎えた本作が、スーパー!ドラマTVにて6月に独占日本初放送されることが決定した。

【関連記事】『クリミナル・マインド』シェマー・ムーアの魅力をタップリ堪能できる犯罪アクション『S.W.A.T.』

本作はロサンゼルスを舞台に、強盗事件、テロリズム、刑務所暴動、麻薬取引、ギャング抗争といった、凶悪事件の収拾に発動するロサンゼルス市警察所属の特殊武装戦術部隊S.W.A.T.の活躍を描く。緊迫感ある銃撃戦や臨場感あふれるカーチェイス、凶暴な犯罪者との素手での直接対決など、映画並みの迫力あるアクション・シーンは本作の大きな見どころだ。第1話は、映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンが監督を務めていることも要注目!

地元民の信頼を得ていることをかわれてS.W.A.T.チームのリーダーに抜擢される主役・ホンドーに、シェマー・ムーアが扮し、タフガイながら弱き者の気持ちをくめるハートを持つヒーローを熱演。そしてホンドー率いるS.W.A.T.チームは5人のうち3人が白人男性だが、1人はアジア系でもう1人は女性と、現在のロサンゼルスの人口構成を反映し、多様なキャラクターが有能な特殊部隊員として活躍する。

共演には、『ブリッジ~国境に潜む闇』のステファニー・シグマン、『MURDER IN THE FIRST/第1級殺人』のピーター・オノラティ、『ベイツ・モーテル~サイコ・キラーの覚醒~』のケニー・ジョンソン、『デスパレートな妻たち』のジェイ・ハリントンなど、海外ドラマファンにはおなじみのベテラン俳優が揃い、しっかりと脇を固めている。

クリエーターは、『CSI: ニューヨーク』や『サウスランド』などをプロデュースしたアーロン・ラサーン・トーマスと『ザ・シールド~ルール無用の警察バッジ~』や『ザ・ユニット 米軍極秘部隊』などをプロデュースしたショーン・ライアン。オープニング・クレジットの音楽に、人気を博した『反逆のテーマ』のバージョンアップされたものが使われているのも、往年の海外ドラマファンには嬉しいところ。

『S.W.A.T.』は海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV にて2018年6月より、独占日本初放送!(海外ドラマNAVI)

Photo:『S.W.A.T.』
(c) 2017 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios, Inc. All Rights Reserved.