1. トップ
  2. ファッション
  3. 白い花器で気軽に花を飾ろう♪100均からデザイナーズまでお洒落な花器20選◎

白い花器で気軽に花を飾ろう♪100均からデザイナーズまでお洒落な花器20選◎

  • 2018.3.26
  • 9511 views

花をよく活けている方は、お気に入りの花器をお持ちだと思いますが、手入れが面倒では?と思って、生花を飾ることを避けている方もいらっしゃるのでは?まずは、白い花器を1つ選んでみましょう。ドライフラワーやフェイクグリーンでも構いません。あなたのお部屋に合う物がきっとあるはずです。ご参考にしてみて下さい。

リーズナブルでお洒落な花器

すべてダイソーの花器です。100円とは思えないデザイン性の高さです。北欧インテリアにも似合いそうで、いくつも欲しくなってしまいますね。

ダイソーの花器の中から1点。毎週500円からで花束が届く「Bloomee LIFE」のセットを活けてみました。合計600円で、こんな素敵な生け花が出来上がります。 

フライングタイガーの花器に、バラの花を1輪。シンプルですが、曲線のデザインが優しい雰囲気です。野の花を活けても似合いそうですね。 

カインズで購入したフラワーベースです。安定感のあるデザインは、そのまま置いてもお洒落ですが、フェイクのエアープランツを挿しています。水の入れ替えも必要なく、長く楽しめますね。 

シンプルデザインは花の量やインテリアに合わせて

どんな花にも合いそうな縦長タイプ。周りのインテリアにも溶け込みそうなデザインは、1つは欲しい形です。普段使いに、どんどん使いたいですね。 

人気のモノトーンに、球形が可愛いフラワーベースです。黒もありますので、花の色やインテリアで使い分けてもいいですし、2つ並べるディスプレイも面白そうです。 

キッチンの背面の壁に無印の棚を付けたディスプレイコーナーです。小さめの花器には、短めの花を少し。好きな雑貨と一緒に並べています。花は、まめに交換したいですね。 

大きめの球形に、少しボリュームのある同じ白の花ですが、寂しく見えないのは、グリーンと組み合わせたアレンジの仕方ですね。小さな球形のアレンジと併せて、センスの良さを感じます。 

北欧調のモノトーンインテリアです。白、グレー、黒の3色の花器を並べていますが、花が活けてあるのは黒い花器だけです。グレーのファブリックパネルと併せて、全体のバランスが絶妙ですね。 

こちらも北欧調インテリア。花器の下に敷いてあるのは、キャンドゥのスレートプレートです。白い花器の下に濃いグレーのプレートがあるだけで、高級感を感じさせます。明るい色のドライフラワーもアクセントになっていますね。 

KINTOのフラワーベースです。新築祝いの花を、大小の花器に分けてアレンジされています。エレガントな模様が、お部屋の雰囲気にもピッタリ。ブルーの花が1輪だけ入っているのもお洒落ですね。

kozlife_tokyoの花器です。白に控えめなパールのボーダーが入ったデザインです。シンプルですが華やかな雰囲気。どんな花やグリーンでも、上品に見せてくれそうです。 

こちらも、kozlife_tokyoの花器。丸みのある大きめのデザインがお洒落です。多めの花をまとめて入れてもいいですし、写真のように、グリーンだけでも綺麗に映えますね。 

存在感のある形やデザインを楽しむ

ピッチャー型の花器です。エレガントなフォルムと模様のデザインには、優しい色合いの花が似合いそうです。 

リサ・ラーソンの花器です。真ん中に、レッド、ブルー、ゴールド、シルバーの色を挟んだ個性的なデザインです。どんな花と併せても、オブジェとして、インテリアのアクセントになりそうです。 

デザインレターズのフラワーベースです。モノトーンインテリアにピッタリの、黒の数字入り。グリーンや花を一輪だけでも、目を惹くアクセントになりそうです。 

こちらは、素朴な雰囲気のピッチャー型。無造作に活けても絵になりそうです。普段使いにどんどん活用したいですね。 

エレガントなデザインの花器です。口が広いので、多めの花をまとめて入れるのに最適。少し広がりを見せるアレンジが似合うかもしれませんね。 

素材や飾り方もいろいろ

ブリキ缶のリメイクです。少しずつ形や持ち手等が違う缶に、フェイクの多肉植物をアレンジしています。男前やカフェ風インテリアにもピッタリ。お手入れは、ホコリを取ること位ですね。 

沖縄発、ボトル型の花器です。マットな白の磁器製です。裏にフックに掛けられる穴付き。ピンやネジで壁に固定出来ます。水を入れることも可能ですが、ドライフラワーでもお洒落ですね。目を惹くインテリアになること必至です。 

まとめ

白い花器ばかり集めてみましたが、デザインもバラエティーに富んでいますよね。お好みの物が見つかったら、まず1つ購入してみて、いろいろな花と合わせてみましょう。あなたのセンスも磨かれていくかもしれませんよ。

元記事を読む