1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『シティーハンター』の復活にファン歓喜、劇場版第20作は『ドラゴンボール超』など、2週間の新着アニメNewsまとめ読み!

『シティーハンター』の復活にファン歓喜、劇場版第20作は『ドラゴンボール超』など、2週間の新着アニメNewsまとめ読み!

  • 2018.3.25
  • 32168 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/141463/

3月下旬までに発表され、話題となった劇場版アニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。『シティーハンター』の復活にファン歓喜、劇場版第20作は『ドラゴンボール超』など、見逃していた人は要チェック!

■ 『シティーハンター』の復活に目を疑う人やジャッキーを期待する人も

1985年から週刊少年ジャンプで連載され、テレビアニメや3本の劇場版アニメなどが製作されるほどの人気となった北条司の代表作「シティーハンター」。テレビアニメ放送開始30周年を記念し、2019年に劇場アニメ化されることになった。しかも、主人公・冴羽獠の声を神谷明、ヒロインの槇村香役を伊倉一恵、総監督はこだま兼嗣が手がけることになり、“オリジナルキャストで見られるなんて感無量(泣)”など、往年のファンは歓喜。一方、1993年にジャッキー・チェン主演で香港で映画化されたこともあり、“ジャッキー、63歳だけど大丈夫か?”など、(ネタとはいえ)実写版に期待する声も(笑)

■ 『ドラゴンボール超』初の劇場版は作画に注目?

昨年12月に製作が発表されていた『ドラゴンボール』の劇場版第20弾がテレビシリーズ「ドラゴンボール超」のその後を描く物語となることが決定した。3月25日(日)の放送で最終回を迎える同シリーズは一時、作画崩壊などで悪評を生んだものの、“テレビを超えてる”などクオリティの復活が話題となっていたこともあり、“楽しみすぎる”“おもしろいの確定でしょ”など期待値も高い模様。鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを手がける本作は12月14日(金)の公開となる。

■ 『プリキュアスーパースターズ』がシリーズNo.1スタート!

今回は12人のプリキュアが登場する、毎年春恒例となった『プリキュア』の劇場版最新作『映画プリキュアスーパースターズ』が3月17日に公開され、劇場版シリーズ歴代No.1のスタートとなった。土日2日間で動員20万3000人、興収2億2600万円を記録した本作だが、劇場を訪れた人にはサプライズが! 10月27日(土)公開の劇場版では現在放送中の最新シリーズ「HUGっと!プリキュア」と初代の「ふたりはプリキュア」が共演することになったが、“激アツ!”など純粋に共演を喜ぶ声だけでなく、“アラサーなのかな?”と劇中での設定がどうなるのかも注目されているようだ。

■ 『フリクリ』の続編タイトルに込められた意味とは?

ガイナックスによるOVAシリーズとして人気を博した「フリクリ」の続編のタイトルが劇場版『フリクリ オルタナ』と劇場版『フリクリ プログレ』に決定し、それぞれ9月7日(金)と9月28日(金)に公開されることになった。前シリーズに引き続き、人気バンド、the pillowsが主題歌を手掛けるなど、音楽が重要な位置を占める作品だけに、“らしいタイトルだね”という見方をする人や、“タイトル通りにいろいろ実験とかしてるのかな?”なんて深読みする人も。尖がった作風で人気になった作品だけに、今回もいろんな意味で期待してもいいのかも。

昨年7月に公開された実写版が大ヒットを記録した、住野よるの人気小説「君の膵臓を食べたい」。9月1日(土)公開となるアニメ版の声優を若手演技派として人気の高杉真宙とテレビアニメや海外ドラマの吹替などで活躍するLynnが担当することになった。高杉にとって今回が声優初挑戦となるが、「声優は本当にやりたかった仕事」と意気込みも満点。“神木(隆之介)くんみたいに声優も行けるかも?”など高杉ファンも期待しているようだ。(Movie Walker・文/トライワークス)