1. トップ
  2. ファッション
  3. ディガウェル 2018-19年秋冬コレクション - 現在進行形の“リアリティ”は歩んできた道の上に

ディガウェル 2018-19年秋冬コレクション - 現在進行形の“リアリティ”は歩んできた道の上に

  • 2018.3.25
  • 1339 views

ディガウェル(DIGAWEL)は、2018-19年秋冬コレクションを、渋谷ヒカリエで2018年3月24日(土)に発表した。

初の東コレ参加、“リアリティ”を提示

初の東コレでのランウェイショーを開催したディガウェル。デザイナーの西村浩平は、「着られる“リアリティ”のある服を提示したかった」と話す。ショーのインビテーションは、木でできた立体的なブロックのような形が印象的。ファッションが積み重ねた歴史の上に成り立っているように、紙を積み重ねて木になったイメージで作られた。コレクションの内容も、ディガウェルが今まで歩んできた歴史の上に成り立つ現在進行形の“リアリティ”だ。

明るいリラックスムード

暖かく明るい照明のもと、リラックスした音楽とともにショーがスタート。モデルは歌を口ずさみながらランウェイを歩いている。会場の雰囲気と同じく、自然体なスタイリングが印象的だ。スウェットのプルオーバーとパンツの組み合わせや、シワ感のあるシャツ、ざっくりとしたニットにストライプのパンツなど、明るい街頭に似合う―そんなムードが漂っている。

クリアな色彩

ブルー、ベージュ、オレンジ、カーキ、といった色彩は曇りがなく、いずれもクリアなカラーリング。中間色であるはずのグレーも清々しく見えた。ブルーの製品染めベルベットジャケットに、パーカー、パンツを組み合わせ、ワントーンでまとめたルックや、ベージュのコートにレッドのソックスと3連のバッグを合わせ、色彩のコントラストを強調したルックなど、鮮やかな色味が爽快感を演出する。

また、インディゴのデニムジャケットにあしらわれたピンクのステッチなど、色使いのこだわりはディテールにも見て取れる。

異素材の組み合わせ

目を惹いたのは、異素材の組み合わせ。正面から見るとシンプルなタートルネックニットであっても、バックには裂け目のように、ウール地と切り替えられている。カーキのサテン地で仕立てられたMA-1ジャケットのショルダーにはホワイトのニット地がパッチワークされていたり、キャメルのウールコートの前身頃にカーキのサテン地を縫い付けたり。また、サテンのジャケットにキャンバスのポケットを沢山取り付けてみたりと、質感の異なる素材同士を隣り合わせにすることで、奔放な遊び心が浮かび上がってくる。

小物使いでアクセント

細いベルトでアウターの上からウエストマークしたり、グレーで統一したコートスタイルにはカラフルなスニーカーで彩りを加えたりと、ウェアと呼応しながら、アクセサリーを取り入れることで、コーディネートにナチュラルなアクセントを利かせる。ディガウェルの“リアル”を随所に感じられるショーが展開された。