1. トップ
  2. ファッション
  3. タエ アシダ 2018年秋冬コレクション - ただドレッシーなだけではない、独創的な女性像

タエ アシダ 2018年秋冬コレクション - ただドレッシーなだけではない、独創的な女性像

  • 2018.3.23
  • 1637 views

タエ アシダ(TAE ASHIDA)の2018年秋冬コレクションが、2018年3月23日(金)六本木・グランドハイアット東京にて発表された。

赤×黒で強い女性像を表現

今季は、様々なスタイルのワードローブで構成され、バリエーション豊かなコレクションが披露された。序盤は、赤と黒をメインカラーにしたマスキュリンなスタイルが登場。背中に刺繍されたエンジェルウィングのモチーフや、アニマルパターンのアイテム、レザーのスキニーパンツといったエレメントが、強い女性像を表現している。

英字レタリングを取り入れたモダンなスーツスタイル

メンズライクな表現はスーツスタイルにも。ストレッチコットンツイードで仕立てたテーラードジャケットとパンツのセットアップは、レザーにアルファベットのワードを刺繍したテープをあしらって、ユニークでモダンな一着に。英字のレタリングを取り入れる手法は、コレクションの様々なところに登場し、今季らしさを象徴するモチーフとなっている。

ドレッシーなスタイルはエスニック調で独創的に

後半になると、コレクションはエレガントで女性らしい表現に満ちてくる。まるで素肌そのもののようにヌーディな、繊細なリバーレースのトップス。そして、光を複雑に反射する情熱的な赤のプリーツスカート。上半身を覆うほどに量感たっぷりのファーストールを合わせて、富貴な女性をより引き立てる装いを作っている。オリエンタルな柄のトップスや、タッセルのアクセサリー、エスニック調の編み上げサンダルなどが、スタイルにただエレガントなだけではない独創性をプラスしている。

未来的なジャパネスクドレス

ラストピースは、ジャパネスクなムードのイヴニングドレス。光沢のあるヴィスコースシルクを贅沢に使用して、ゆったりと造形的なドレープをとった。ボールドなストライプは動くたびに色が変化し、和服風のドレスにフューチャリスティックな表情を与えている。