1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』が4月14日(日)より再放送!

『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』が4月14日(日)より再放送!

  • 2018.3.23
  • 7338 views

ミステリの女王と呼ばれたアガサ・クリスティーの数多い傑作の中でも名高い一本を英BBCが豪華キャストで映像化した『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』が、NHK BSプレミアムにて4月14日(日)より再放送される。

【関連記事】クリスティーが生んだ名探偵、エルキュール・ポワロ役のデヴィッド・スーシェが語る「ポワロという役は、まさに神からの贈り物」

孤島の邸宅に閉じ込められた10人の男女が、わらべ歌の歌詞の通りに一人ずつ殺されていく...。その後のミステリー界全体にも大きな影響を与えた設定、クリスティーらしい巧妙なプロットと、実力者俳優たちの演技は必見だ。

これまで何度も映像化されてきたストーリーに今回あらためて息を吹き込んだキャストたちは、メイヴ・ダーモディ(『ブラック・ウォーター』)、チャールズ・ダンス(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、エイダン・ターナー(『ホビット』)、サム・ニール(『ジュラシック・パーク』)、トビー・スティーヴンス(『Black Sails/ブラック・セイルズ』)、バーン・ゴーマン(『秘密情報部 トーチウッド』)、ミランダ・リチャードソン(『ハリー・ポッターと死の秘宝』)、ダグラス・ブース(『高慢と偏見とゾンビ』)、ノア・テイラー(『シャイン』)、アンナ・マックスウェル・マーティン(『高慢と偏見、そして殺人』)。

本国イギリスでは2015年のクリスマスシーズンに放送され、全3話の平均視聴者数は878万人という高い数字を記録した。製作を務めるのは、同じくクリスティー作品の『ミス・マープル』シリーズを長年手掛けてきたダミアン・ティマーとマシュー・リード、『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』のサラ・フェルプス。演出は、『刑事モース~オックスフォード事件簿~』のクレイグ・ヴィヴェイロスが担当する。

1939年、謎のオーエン夫妻から孤島の邸宅に招待された8人の男女と、彼らを迎えた使用人の夫婦。その邸宅のすべての客間には「兵隊の歌」の歌詞が飾られていた。「10人の兵隊が食事に行き、一人が喉を詰まらせて9人になった」で始まり、一人ずつ減っていくわらべ歌だ。屋敷に着いて夕食をとった後、突然レコードが再生され、屋敷にいる10人それぞれが過去に殺人を犯したと糾弾する声が響き渡る。その直後、一人目の死者が出る。その死に方はわらべ歌の通りだった...。

『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』は、NHK BSプレミアムにて4月14日(日)17:00よりスタート。毎週土曜に放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった』
© Mammoth Screen