1. トップ
  2. レシピ
  3. 買い物に行けない時のおすすめ“たんぱく源”。保存が容易で長持ち♡

買い物に行けない時のおすすめ“たんぱく源”。保存が容易で長持ち♡

  • 2018.3.23
  • 22288 views

天候のせい、体調のせい、その他もろもろの理由で外に買い物に行きづらい。または、もはや出かけるのが面倒くさい。そんな時はありますよね。そんな時は、備蓄した食料で乗り切りましょう。なかでもタンパク質は保存が難しいと思われがちですが、十分長期保存か可能なものはあるのです。

うまく使って買い物に行けない時の栄養素を補いましょう。

“三大栄養素”の保存は、買い物に行けない時の強い味方

三大栄養素である、炭水化物・たんぱく質・脂質は、自宅である程度保存をしておくと、買い物に行けない時の強い味方になります。三大栄養素は体に欠かせない栄養素で、不足すると体に悪影響があります。災害に備えた食糧備蓄としても、しっかりと保存して備えておきましょう。

炭水化物は“パスタ”と“そうめん”が便利で、たんぱく質との相性も抜群

炭水化物の保存は、調理が簡単でアレンジ可能なパスタと、さっとゆであがるそうめんが便利です。どちらもたんぱく質との相性も抜群で、調理も鍋ひとつやフライパンひとつで可能です。

パスタは、長さがあってフライパンに納まらない時は、ショートパスタを利用するか、思い切ってぽきぽき折ってしまってもOK。トマトやお肉、魚などの缶詰と合わせれば立派な料理の完成です。

そうめんはサバの缶詰と相性が良いので、ぜひ一緒にいただきましょう。または、温かくしてにゅうめんにしてもおいしくいただけます。どちらも保存期間が長いので、ストックしておくと大変便利です。

たんぱく質は何といっても“缶詰”、同時に脂質も取れる

たんぱく質の保存は、何といっても缶詰が便利です。缶詰は同時に脂質も取れますので、もしもの時の備えとしても有効です。すでに味がついていて、そのままでも食べられるかば焼き系の缶詰や、そうめんにあうサバの缶詰、イワシの缶詰などが栄養豊富でよいでしょう。

また、コンビーフのようなお肉系の缶詰も常備しておくと使い勝手がよく、便利です。好きなものをいくつか買って置いておくとよいでしょう。なるべく器具を使わずに手で開けられるタイプのものの方が使いやすくておすすめです。

たんぱく質とビタミンやミネラルを“乾物”から

たんぱく質は乾物からも摂れます。さらに乾物にはビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、常備菜としてはとってもおすすめ。日持ちもするので、いろいろ取り揃えておくとよいでしょう。

“高野豆腐”はたんぱく質豊富な珍しい乾物

高野豆腐は、乾物の中では珍しいたんぱく質を豊富に含んだ乾物です。煮物にしたり、水かお湯で戻してハンバーグなどのつなぎに使ったり調理法も豊富で、ストックしておくと便利でしょう。日持ちもしますし、手軽に手に入る食材ですので、備蓄食料にも向いています。

高野豆腐は料理初心者には使うのが難しく感じるかもしれませんが、刻んでおみそ汁の具にするだけでもよい、使い勝手の良い食材なのです。高野豆腐自体にはあまり旨みはないのですが、汁の旨みをギュッと吸ってくれて、とってもおいしくなってくれます。名わき役として、活躍させてあげてください。

“わかめ”は使い勝手最高

わかめはビタミンもミネラルも豊富で、さっとお味噌汁に入れるだけで食べられる、使い勝手最高の乾物です。水溶性食物繊維が豊富で、コレステロール値を下げる助けもしてくれます。とりあえず買っておいて損がない食材ですので、苦手でなければ是非ストックしておきましょう。

“ひじき”や“昆布”も便利なストック乾物

ひじきや昆布も長持ちしてくれる乾物として便利なアイテムです。どちらもミネラルやビタミン、食物繊維が豊富で、買い物に行けない時の栄養源としてはとっても優秀。ひじきはご飯に炊きこんでひじきご飯にする、煮つけにするなど、幅広く使えます。

昆布は出汁だけでなく、昆布自体を食べる佃煮のような食べ方もありますので、いろいろと試してみましょう。

便利な買い置きで買い物に行けない時の対策もばっちり

便利な買い置き食材を揃えておいて、買い物に行けない時の対策もばっちりとしておきましょう。うまく使いこなして、買い物に行けなくても栄養不足にならない!お料理上手への道、第一歩です。

さっそく出来ることから始めてみましょうね。もちろん、もしもの時の食糧備蓄としても有効な方法です。