1. トップ
  2. 恋愛
  3. KENNや坂本真綾、茅野愛衣ら豪華声優陣が日本リスペクト満載な『レディ・プレイヤー1』に集結!

KENNや坂本真綾、茅野愛衣ら豪華声優陣が日本リスペクト満載な『レディ・プレイヤー1』に集結!

  • 2018.3.23
  • 626 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/141392/

現実の世界とVR(バーチャル・リアリティ)の世界をまたにかけたアドベンチャー超大作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)。スティーヴン・スピルバーグ監督の手による本作の舞台は2045年の近未来だ。VRワールド[オアシス]に天才創設者ハリデーが仕掛けた3つの謎と、それをクリアしたものだけに与えられる“大いなる遺産”を巡り、世界中の人々の争奪戦が始まる!

このたび、日本語吹替版を務める豪華声優キャストがわかった。隠された謎を解くために[オアシス]の世界に飛び込む17歳の主人公、ウェイド(タイ・シェリダン)の声を務めるのは、アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターGX」の主役・遊城十代や「宇宙兄弟」の南波日々人などで人気急上昇中の KENN。「VR の世界[オアシス]でいろいろな出会いや成長を経験するウェイド。ワクワクする冒険の先になにがあるのか、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」と、主人公の成長ドラマにも期待が持てるコメント。

また、ウェイドの冒険を語る上で欠かせないサマンサ(オリビア・クック)役は、「攻殻機動隊 ARISE - GHOST IN THE SHELL」の主人公・草薙素子など多数のアニメや、洋画や海外ドラマの吹き替えでも活躍する坂本真綾。坂本は「サマンサは正義感に溢れ、自分の考えをしっかり持っている女の子。彼女の強さは表面的なものじゃなくて、経験に裏打ちされ、内側からにじみ出ているように見えます。そんな魅力的な役柄を演じる機会をいただきうれしかったです」と自身の役柄を分析する。

彼らをはばもうとする強敵、巨大企業 IOI の女性幹部フナーレ(ハンナ・ジョン・カメン)役は茅野愛衣。アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」で“めんま”こと本間芽衣子役に抜擢され、数々の大ヒット作品で声優を務める。茅野は「彼女は上司相手でも臆することなく堂々としてる姿がとても格好良く、演じていて気持ちよかったです」とコメント。

さらに、実力派声優がずらりと揃う。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマーティとドクの声を担当した山寺宏一と三ツ矢雄二、高島雅羅と玄田哲章に、「ソードアート・オンライン」で主演・キリト役を演じた松岡禎丞、そして「タッチ」の浅倉南役でも有名な日髙のり子も出演しており、まさに日本を代表する声優陣たちの総出演となっている。

本作は、ゴジラや「AKIRA」など日本のカルチャーを愛するアーネスト・クラインの著作が原作。映画の枠を超えた“体験型”エンタテインメント作であり、アメリカはもちろん、日本の超有名キャラクターやアイコンたちが共演することも話題だ。そんな作品にふさわしい“日本代表”な声優陣の共演により、新たな『レディ・プレイヤー1』の魅力が引きだされることは間違いなしだ!(Movie Walker)

の記事をもっとみる