1. トップ
  2. ファッション
  3. 部屋に彩りをプラス!春の植物を使ったインテリアコーディネート

部屋に彩りをプラス!春の植物を使ったインテリアコーディネート

  • 2018.3.23
  • 7299 views

「植物を使って、春の雰囲気を楽しめるインテリアディスプレイにチャレンジしたい!」と思っていても、何をどう飾ればいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方の参考になるように、春を感じさせる植物を使ったインテリアコーディネートを集めてみました。

植物で春を演出しよう!

ネコヤナギで

ふわふわのつぼみが可愛いネコヤナギを使ったインテリアディスプレイ。川辺などで見かけることが多いネコヤナギは、古くから日本人に春を感じさせてくれる植物として人気ですよね。つぼみが開いてくる様子を観察することもできるので、長く楽しみたいという方におすすめ。

チューリップを

店頭で見かけると、春を感じることができるチューリップ。最近は花の大きさやカラーなど、バリエーションが豊富なものが買えるので、部屋の雰囲気に合ったものを選べるのもうれしいポイントですよね。 

観葉植物と合わせて

飾り棚の上に置かれたチューリップは、イエローとレッドの配色が可愛らしいですね。カラーにインパクトのあるチューリップは、観葉植物などグリーンと組み合わせるのがおすすめ。壁面に立体感のあるディスプレイが作れますね。 

コデマリを使って

北欧の雰囲気を感じるディスプレイスペースに、コデマリをひと枝だけ飾っているインテリアコーディネート。コデマリは、葉っぱのグリーンと花のホワイトがさわやかな雰囲気を作り出してくれます。枝ものは長持ちするのも嬉しいポイント。 

清楚で素朴

細い枝にホワイトの花が、清楚で素朴な雰囲気。大きな容器にたくさん飾っても派手になり過ぎないので、シンプルなインテリアにぴったりな植物ですね。 

ミモザを使って

ヨーロッパでは春の象徴として親しまれているミモザ。そんなミモザをテーブルセッティングに使っているアイディアです。長さのあるミモザを花瓶などに飾るのも素敵ですが、こちらのようなアレンジも素敵ですね。 

かごを使って

ファッションアイテムとして人気のかごバッグ。そんなおしゃれなアイテムにミモザを飾っているアイディアです。ブーケを持ってお出かけするような雰囲気のディスプレイは、ナチュラルなのにとてもセンスのある飾り方ですね。 

リースにして

濃いグリーンが特徴のミモザの葉と、鮮やかな花の組み合わせはリースの素材としてもぴったり。このままドライフラワーにして、長く楽しむという方法もおすすめですよ。ミモザの枝はよくしなるので、リース初心者にも扱いやすい植物です。 

まとめ

春を感じさせてくれる植物を使ったインテリアコーディネートをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?今回ご紹介した以外にも、モモやサクラなど、春を感じさせてくれる植物はたくさんあります。ぜひお気に入りの植物を使って、おしゃれで楽しい春のインテリアコーディネートにチャレンジしてみてくださいね。