1. トップ
  2. 恋愛
  3. 怒りをプラスに転換!効果のある4つ方法

怒りをプラスに転換!効果のある4つ方法

  • 2018.3.22
  • 2260 views

怒りは私たちの必要とするもの、したいと思っている事を分からせてくれる大切な警報です。怒りを静める一つの方法として、その気持ちに耳を傾けることも大切なことです。怒りの原因を知り、しっかりと毎日の中に役立てる有効的な方法を知ってみませんか?

怒りっぽい人、最近怒りっぽくなってしまった人、中にはまったく怒りを感じない人もいるかもしれません。穏やかな性格の人もそうでない人も、人生の上でイライラとすることがあると思います。

イライラを感じたり、怒りを感じた時に、どのように消化をし静めるといいか、方法を知っておくことで怒りのエネルギーをプラスの方向に転換し、必要を訴える心の感情をとらえることができるようになります。

「怒り」という感情をネガティブに感じる人が多いですが、怒りという感情は、自分の中に矛盾を感じたり、うまくいっていないという気持ちを感じさせてくれる大切な気持ちで、精神的な健康に欠かせないものなのです。怒りという感情表現は、私たちを自由や私らしくいられる自然な状態に導いてくれるきっかけとなることがあります。

怒りをパートナー、友達、家族にぶつけるのではなく、自分の中で消化し、プラスに持っていく方法ができるようになるかもしれません。

1. 絶対に原因がある!

イライラした気持ちを感じる時、モヤモヤとする時は必ず原因があります。怒りを感じる気持ちはとても複雑で、自分でも分かっていない大切なことを知らせてくれているのです。

本当に今必要な事本当に欲しい物自分がしたい事自分らしくいられる環境を作ること今していることが腑に落ちないこと

時々、自分の感情を隠して我慢をしないといけないことがあります。でも我慢にも限界があります。その限界を教えてくれるのが、「怒り」という感情なのです。

我慢を繰り返して、息苦しく過ごすのは正しい方法ではありませんよね。怒りという感情にもっと敏感になり、自分を大切にすることが一つの大きな第一歩となります。

2. 叫びたい気持ち?そんな時は叫ぼう!

感情を抑えきれず、叫びたくなる時ありませんか?そんな時は必要な時です!心の中をすっきりさせるために叫んでみましょう。

誰もいない自然の中に行って大きな声で叫ぶ、心許せる友達とカラオケボックスに行き叫ぶなど、大きな声で思いのままに感情を出すこともしてみましょう。

ケンカで毎日叫んでいる人はどうしたらいいでしょうか。ゆっくりと3回深く深呼吸をして、ケンカをしている相手に何を訴えているのか整理をして、落ち着いて伝えるようにしましょう。相手を傷つける言葉を感情のままぶつけてはいけません。必ず言葉にする前に考えてみましょう。

3. 何が起きたのか理解しよう!

怒りという感情は、今の状況を壊すものや全てを複雑にしてしまうものではなく、今の状況を改善し、もう一度築きなおすきっかけと思ってみませんか?怒りがあまりにも強い時ほど、静める方法をしっかりと考えないといけません。そんな時にしたいことを並べてみます。

冷静になり、今のシチュエーションを見つめなおし、詳しく分析する。怒りの原因となった事は意図的に起きたことかどうか。次同じような状況が起こりそうなときは、どう回避するといいか。

一度しっかりと振り返り、原因と経過を知ることで、次から同じ状況が来そうなときに避けることができるようになります。

同じ状況がこの先来た時に、どのように行動するべきか少し分かることで、賢い選択ができるようになります。同じことを繰り返すと、前より大きなイライラが来てしまいます。

4. 正しいコミュニケーションをする

怒りを感じているときは、コミュニケーションを必要としているときです。怒りは一緒に過ごす人から生まれる事、自分自身から生まれる事があります。まずは、怒りの原因を知るために、自分の必要としている事を知りましょう。自分自身としっかりとコミュニケーションをする時間を持つようにすると、解決に結びつきやすくなります。

問題解決をしたい時や、もう少し快適に過ごしたい時などは、自分の心とコミュニケーションをし考えを明確にしてから、心の許せる人と話し合いをすることで、新しいアイデアが生まれたり、解決できる方法を見つけることができるようになります。

怒りという感情が出てきた時に、いけない事と思う必要はありません。怒りという心から出てくる感情は、自分と向き合うべき時を知らせてくれているのです。原因を知り、解決策や状況改善を導くように心がけるだけで、今の生活はもっと快適になります。

そして怒りは、周りの人に向けてしまうと思わぬ二次災害を招くことがあります。ケンカをする前に自分の望むことを知っておき、整理してから話すことで、お互いが快くコミュニケーションできるようになります。

これからは「怒り」を有効に使い、自分を知るきっかけ、プラスに導く人生の分かれ道だと気づくようにしてみましょう。きっと素敵な毎日へと少しずつ変わってくると思います。