1. トップ
  2. 恋愛
  3. エヴァ・グリーン主演『告白小説、その結末』、6月23日(土)より公開

エヴァ・グリーン主演『告白小説、その結末』、6月23日(土)より公開

  • 2018.3.22
  • 4107 views

昨年のカンヌ国際映画祭に正式出品された鬼才ロマン・ポランスキー監督最新作にして戦慄のミステリー『告白小説、その結末』が6月23日(土)より公開されることが決定した。

【関連記事】『ペニー・ドレッドフル~ナイトメア 血塗られた秘密~』エヴァ・グリーン(ヴァネッサ・アイヴス役)インタビュー

心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、スランプに陥っているデルフィーヌ。ある日、彼女の前に熱狂的なファンだと称する聡明で美しい女性エルが現れる。差出人不明の脅迫状にも苦しめられるデルフィーヌは、献身的に支えてくれて、本音で語り合えるエルに信頼を寄せていく。まもなく二人は共同生活を始めるが、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄する。はたしてエルは何者なのか? なぜデルフィーヌに接近してきたのか? やがてエルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意するが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた...。

『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』『テス』『戦場のピアニスト』『ゴーストライター』など半世紀以上にもわたって観る者を魅了し続けているポランスキーが、初めて二人の女性を主人公に据え、底知れない戦慄を呼び起こす極上のミステリーを作り上げた。

主演女優は、監督の妻で創作上のミューズでもあるエマニュエル・セニエ(デルフィーヌ役)と、『007/カジノ・ロワイヤル』『シン・シティ 復讐の女神』などでハリウッドのスター女優の地位を揺るぎないものにしたエヴァ・グリーン(エル役)。一心同体の親友同士のようにも、もろく壊れやすい鏡像のようにも見えるアンビバレントな関係性を繊細かつ大胆に、そして凶暴に体現した。

『告白小説、その結末』は6月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『告白小説、その結末』
©2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.