1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 代官山 蔦屋書店に、アート誌『トイレットペーパー』のグッズが集結。

代官山 蔦屋書店に、アート誌『トイレットペーパー』のグッズが集結。

  • 2018.3.22
  • 929 views

【さらに写真を見る】代官山 蔦屋書店に、アート誌『トイレットペーパー』のグッズが集結。
『トイレットペーパー(TOILETPAPER)』は、国内外で注目を集める、現代美術家マウリツィオ・カテラン氏と写真家ピエルパオロ・フェラーリ氏が、2010年にスタートしたイタリアのアート誌だ。テキストはなく、ヴィジュアルのみで構成されるこの雑誌のコンセプトは「翻訳も説明も批評も介在させず、完全な民主主義をアートと生活に浸透させる」というもの。同誌の写真がプリントされたグッズは、アンディ・ウォーホルがキャンベルスープの缶を用いて提示したように、見慣れたものに異なった側面をもたらすポップアートの問いかけが施されたプロダクトだ。

代官山 蔦屋書店には、人気のラインナップのほか、スパゲッティのディナープレートやキャンドルなど、日本初上陸となる新作アイテムも登場。30種類ものグッズが一堂に介す希少な機会となる。

なお、フェアで紹介される商品はオンラインショップでも購入が可能だ。
開催期間/2018年3月21日 (水 )~4月10日(火 )
開催場所/「代官山 蔦屋書店」2号館 1F アートフロア 東京都渋谷区猿楽町17-5
営業時間/7:00~翌2:00
Tel./03-3770-2525
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2018/03/toiletpaper-magazine-s-products.html

参照元:VOGUE JAPAN