エンハンス 2018-19年秋冬コレクション - 体内に渦巻く潜在的な“かっこ良さ”を引き出す

エンハンス(ENHANCE)は、2018-19年秋冬コレクションを、2018年3月21日(水)に東京・渋谷ヒカリエで発表した。

“強い女性”に向けた服

今回展開されたのは「強い女性」がかっこ良く着こなすことを想定して作られた、挑戦的なコレクション。“この服を着ればもっとかっこ良くなる”―社会の中に存在する女性達の潜在的な“かっこ良さ”を引き出すことを確信して仕立てられた服は、その1つ1つが強い存在感を放つ。今回はメンズのモデルもランウェイに登場し、ユニセックスウェアも提示した。

繊細な表現

登場するアイテムはマニッシュだが、受け取る印象は無骨というよりも繊細だ。それは透け感のある薄手のウール地を使ったカットソーや、毛並みを揃えずあえてバラバラにし、目を粗く編み上げたニット、レースアップや白い糸の刺繍を施して構築したドレス、断ち切りのドレスなど、形を保ってはいるが“破壊”を連想させるような、儚さを孕んだピースゆえだろうか。

レザーの花

ストールやスカートにあしらわれた無数の花は、手作業で1つ1つ生み出されたレザーの花。硬質なレザーが、ストレートな華やかさとは異なるフェミニティを表現。静かではあるが強さを持って、スタイリングを飾っていく。

端正なシルエット

目を惹いたのは、仕立ての美しさだ。オーセンティックなテーラードジャケットとパンツのセットアップやメルトンのピーコート、チェスターコートはいずれも端正に仕立てられ正統派の美しさを誇っていた。退廃的なムードの中に存在させることで、王道の美がより際立つ。

アシンメトリーなフォルムのブラウスや、流れるような生地感のワンピースは、歩くたびに揺れ動きながら、ゆるやかなドレープを描き出していく。シャツを腰に巻いたようなスタイリングは、身体に服地が馴染むことで自然な印象だ。4本の袖が伸びる変形のシルエットは、浮遊しているかのようだ。

ラストを飾ったのは、ランダムな柄を織り込んだロングスカートとジャケットのセットアップ。描かれたうねるような柄は、体内に無数に渦巻く意志や主張の表れのようだ。

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理