1. トップ
  2. ファッション
  3. リョウタムラカミ 2018-19年秋冬コレクション - 大阪のおばちゃん×ガーリーの楽しい着こなし

リョウタムラカミ 2018-19年秋冬コレクション - 大阪のおばちゃん×ガーリーの楽しい着こなし

  • 2018.3.21
  • 1102 views

リョウタムラカミ(RYOTAMURAKAMI)の2018-19年秋冬コレクションが2018年3月21日(水)に東京・渋谷ヒカリエにて発表された。

大阪のおばちゃん×ガーリー

楽しくエネルギッシュに

コレクションテーマは「大阪のおばちゃん×ガーリー」。関西出身のデザイナー・村上亮太が久々に帰郷した際に見た、大阪の街並みや、商店街にいるおばちゃん達のファッションから着想を得た。それは“ヒョウ柄”や“ド派手”といった安易な記号を引用するのではなく、おばちゃん達が奔放にファッションを楽しむ空気感や、街にある看板の突出した存在感をデザインに落とし込むことでコレクションを完成させた。

極端/過剰なハリボテ感

目を惹くのはヘッドピースやバッグ、シューズといった小物の過剰さ。顔面に貼りつけられた平面的なボードからは髪の毛が生えており、大阪の“かに道楽”や“グリコ”の看板、“くいだおれ太郎”のようなハリボテを彷彿とさせる。バッグにも長い髪の毛をあしらい、髪の分かれ目からは顔が現れる。お化け屋敷のような作り物のホラー感を演出した。極端に高いヒールに大きいリボンをあしらったシューズも、おもちゃのようなポップさだ。

また、フォルムや素材使いの極端さも目立つ。太いストライプ地を使ったジャケットはショルダーを大きくドロップさせ、袖のボリュームもダイナミックに。襟も大きく仕立て、身体性をあえて無視した造形に仕上げている。ニットは襟ぐり部分を広くとり、肩からずり落ちるようなルーズなシルエットを描く。

ファンシーな表現

ファンシーな世界観も大胆に表現。ビッグリボン付きのドレスには、オーバーシルエットのコートを組み合わせてボリューミーに。よく見ると細かいリボンでコートとドレスが繋がっており、一体化していることに気が付く。その他、ボトムスを半身のみで作った星柄ワンピースや、金糸とメタリック素材のスペイシーなセットアップ、水着を模したワンピースの双子コーデなど、ギラギラとしたエネルギーに満ちたルックが次々と登場する。

その中で終盤に登場したクロシェの花柄ニットと、真っ白なフレアスカートのルックは、エネルギッシュな雰囲気の中で清涼剤のような可憐さが際立った。手編みで作られたニットの編地から放たれる温もりやストレートな“ガーリー”の表現に安心感や親近感を覚える。

また、今回は各産業に省エネを推奨する「SAVE THE ENERGY PROJECT」に、リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和やパーミニット(PERMINUTE)とともに参加。リョウタムラカミは、システムを活用してロスを減らしながらも、小ロットでクリエイティブなニットを生産する株式会社サトーとコラボレーションし、レインボーカラーのビッグプルオーバーニットや、インレイ編みの、犬と散歩しているようなニットアンサンブルを制作。初めて自動編み機を導入して作った、強い個性を放つピースが生み出された。