1. トップ
  2. グルメ
  3. 「メゾン・ランドゥメンヌ」日本2号店が赤坂にオープン、パリ人気のブーランジェリー・パティスリー

「メゾン・ランドゥメンヌ」日本2号店が赤坂にオープン、パリ人気のブーランジェリー・パティスリー

  • 2018.3.21
  • 4548 views

パリ発本格派ブーランジェリー・パティスリー「メゾン・ランドゥメンヌ(Maison Landemaine)」日本上陸2号店が、東京・赤坂に2018年4月16日(月)にオープンする。

パリの人気店2号店が赤坂に

「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人の石川芳美とパティシエのロドルフ・ランドゥメンヌがフランス・パリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。現在パリに14店舗を構え、2015年に日本に上陸した。

パリのグルメガイド「ピュドロ」で“パリ最高パン屋賞”を受賞した経歴を持つ「メゾン・ランドゥメンヌ」。こだわりの素材を使用したクロワッサンやバゲット、また季節感を重視したパンを提案している。

約40種から日替わりで5フレーバーが登場する「タルト・フランベ・ヴァリエ」

店の自慢は、様々なフレーバーが揃う「タルト・フランベ・ヴァリ」。薄いパン生地の上に、フロマージュ・ブランやチーズ、サワークリームの一種であるクレームフレーシュなどを広げ具材をのせて焼いた薄焼きピザによく似た料理だ。

ベーコンとたまねぎをのせて香ばしく焼き上げた「タルト・フランベ・クラシック」、スーパーフードのキヌアをまぶしたヘルシーな「タルト・フランベ・シャキュトリー」、オレンジのシロップ煮とチョコレートを組み合わせたスイーツ風の「タルト・フランベ・シュクレ」など、フレーバーは豊富だ。約40種類の中から日替わりで5フレーバーが登場する。どの味も特製釜で焼き上げた香ばしさと、ふっくらとした食べ応えがポイントとなっている。

朝&昼メニューも

新店となる赤坂店では、“ほっこり感”を重視して朝、昼のメニューを展開。カフェオレとクロワッサンが一つになった「モーニングセット」、ボリューム感のあるサンドウィッチやサラダ、デザートをまとめた「ランチボックス」など、出勤前・ランチタイムなど様々なシーンにフィットするオリジナルメニューを展開する。

【詳細】

メゾン・ランドゥメンヌ赤坂
オープン日:2018年4月16日(月)
住所:東京都港区赤坂2-10-5
TEL:03-6807-4185
営業日時:月~金 7:00~19:30(L.O.19:00)※土・日・祝日は定休日。
<メニュー例>
・タルト・フランベ・ヴァリエ 580円+税
■モーニングセット
・クロワッサン・フランセ ドリンクセット 600円+税※コーヒーおかわり自由。
・クロワッサン・ジャポネ ドリンクセット 400円+税※コーヒーおかわり自由。
■ランチボックス
・ランチボックス S 1,000円(税込)
・ランチボックス M 1,500円(税込)