1. トップ
  2. ファッション
  3. ユキ トリヰ インターナショナル 18年秋冬コレクション - 柄の重なりが生み出すエレガンス

ユキ トリヰ インターナショナル 18年秋冬コレクション - 柄の重なりが生み出すエレガンス

  • 2018.3.21
  • 2028 views

ユキ トリヰ インターナショナル(YUKI TORII INTERNATIONAL)の2018-19年秋冬コレクションが、2018年3月20日(火)、東京・恵比寿ガーデンプレイス内「ザ・ガーデンホール」にて発表された。

チェック×レオパードで華やかに

まず初めに目を惹いたのは、タータンチェックやレオパードといった印象的なパターンたち。レオパードのブラウスに、チェックのジャケットを羽織り、ツイードのスカートを合わせるといった、柄に柄を重ねるスタイリングが多く提案された。主張の強い柄同士が見事に融合し、華やかでエレガントな世界観を生み出している。

プレイフルなカラーは潔く楽しむ

音楽が切り替わるとムードは一変、メインカラーを潔く1色に絞ったルックが現れた。イエロー、ブルー、ピンクといったプレイフルなカラーリングのワンピースやコートが、ランウェイを鮮やかに彩った。

クラシカルな佇まいのフラワーモチーフ

後に続くのは、クラシカルな印象のフラワーモチーフ。セットアップやワンピースにプリントされたり、ニットのアクセントやジャケットの裏地として取り入れられたり。ロマンティックでありながら、どこかはかなげな表情を覗かせる花々が、バッグやスカーフといった小物類まで、あらゆるアイテムの上で咲き乱れている。

ベロアやファーでエレガンスを加速

ラストに向かうに連れ、エレガントなムードが加速。シルクのボウタイブラウス、上品に煌めくベロアのワンピース、袖にファーをあしらったロングコートなど、上質な素材が品格ある佇まいを演出する。最後に登場したのは、クリーンなホワイト、シックなブラックの2つのドレスルック。ショーを締めくくるのにふさわしい、正当な気品あふれるスタイルであった。