1. トップ
  2. ファッション
  3. ミドラ 2018-19年秋冬コレクション - 羽ばたく鳥たちが誘う、非日常の世界

ミドラ 2018-19年秋冬コレクション - 羽ばたく鳥たちが誘う、非日常の世界

  • 2018.3.20
  • 603 views

ミドラ(MIDDLA)の2018-19年秋冬コレクションが、2018年3月20日(火)、東京・渋谷ヒカリエにて発表された。

テーマは「Birds of a Feather」

今季初めて東京コレクションに参加したミドラ。シーズンテーマに据えたのは「Birds of a Feather」だ。羽根を持つ鳥たちが群れをなすかのように、ミドラの"日常着"が一連の流れでランウェイに現れることによって、非日常的な世界観を創り上げることを目指した。

パターンは千鳥格子をメインに

目を惹いたのは、千鳥格子のパターン。レッドカラーのプリーツスカートをはじめ、アイスブルーのワンピース、ダークカラーのテーラードジャケットまで、色や格子の大きさを変えることで異なるニュアンスを生み出していた。

ゆったりとしたシルエットが主流

シルエットはロング丈のシフォンワンピースやゆったりとしたワイドパンツなど、全体的にリラックスしたムードが漂う。また、コートの背中にはプリーツが施されていたり、軽やかなチュニックは後ろ下がりのデザインになっていたりと、バックスタイルでエレガンスを魅せる表現も目立った。

ラストはピュアホワイトのドレス

ショーのラストを飾ったのは、ピュアホワイトの繊細なドレスたち。何層にも重ねられたプリーツやレーシーなテキスタイルが歩くたびに揺らめき、群れをなした鳥たちが羽ばたいていくかのようだった。