1. トップ
  2. ファッション
  3. グローイング ペインズ 2018-19年秋冬コレクション - 自由で束縛の無いファッションを

グローイング ペインズ 2018-19年秋冬コレクション - 自由で束縛の無いファッションを

  • 2018.3.20
  • 379 views

マドモアゼル・ユリアが展開するグローイング ペインズ(GROWING PAINS)の2018-19年秋冬コレクションが2018年3月20日(火)、東京・コスモプラネタリウム渋谷で発表された。

今シーズンのテーマは「メテオール(METEOR)」。これまでテーマに沿った女性像を描いてきたブランドだったが、デザイナー・ユリアの意向によって、性別や年齢など様々な要素に捉わられることのないファッションと世界観を展開した。

「メテオール」

「メテオール」は日本語で"流星"という意味。ユリアが幼いころから憧れを抱いていた「宇宙」がデザインのベースだ。『美少女戦士セーラームーン』、『マクロス』シリーズなど幼少期に見ていた「宇宙」に関連するアニメや映画のフューチャリスティックな世界への羨望をアイテムに落とし込んだ。

宇宙空間からのインスピレーション

ラメを使ったセットアップは流れ星や宇宙の輝く恒星を連想させるアイテム。ブラックなど暗めの色がアイテムのメインカラーとして使用されるショーの中で、このセットアップには光沢のあるオレンジが採用され、一際大きい存在感を放った。

「メテオール」と並ぶキーワード「ダークマター」も併せてアイテムにデザイン。ショーの随所で登場したロングスリーブTシャツは、今シーズンのメインビジュアルのグラフィックと、片仮名のスリーブプリントによって、ストリートなテイストを含んだアイテムに仕上げられた。

変形MA-1やジャケットなど、宇宙服から着想を得たアイテムが多数登場する中でも目を惹いたのが、このロングダウンコート。襟が開き、身幅は上から下へと向かっていくに連れて広がっていく全体のシルエット。ユニセックスサイズであるため、女性が着ればビッグシルエットになり、男性が着れば、ジャストの袖丈と広がった裾によって不思議なサイズのコントラストが生まれてくる。ありそうでなかったシルエットは、まさに"未知なるもの"を表現したかったと話すユリアの構想と合致するデザインだ。

ファッションの自由

また、ルックがアクセサリーとして持っていたのがPVCトートバック。現代的かつ実用的なこちらのアイテムは、片面を『ポプテピピック』など大量の日本アニメの缶バッジでカスタム。それは、アグレッシヴな雰囲気のショーの中で異彩を放ちつつも、違和感なくスタイルの一部として取り込まれていた。「好きなものを好きなように飾り付ける。」「ジャンルの垣根を越えてデザインに作用し合う。」―カスタマイズされたPVCトートバッグの存在は、ブランドが"何かに縛られることのないファッション"を提示する手段だったのかもしれない。