1. トップ
  2. ファッション
  3. メミューズ 2018-19年秋冬コレクション - でんぱ組.inc 相沢梨紗が提案する学生スタイル

メミューズ 2018-19年秋冬コレクション - でんぱ組.inc 相沢梨紗が提案する学生スタイル

  • 2018.3.20
  • 741 views

メミューズ(MEMUSE)の2018-19年秋冬コレクションが2018年3月20日(火)、東京・ラフォーレミュージアム原宿にて発表された。

現役アイドル・でんぱ組.incのメンバーでありメミューズのデザイナー・相沢梨紗が掲げた今シーズンのテーマは「クラス」。前シーズンは自身の持つ世界観を自由に表現したというが、今回は「クラス」、「学校」といった校則やしきたりに捉われた世界の中で自らの感性を展開させた。

ランウェイは、全体的にアカデミックな要素を取り入れたスタイル。メミューズオリジナルのチェック柄を用いたワンピースに、セーラー襟を組み合わせるなど学生服をイメージしたルックが目立った。

実は、登場した全ルックには1クラスの"生徒"と"先生"というキャラクター設定を持たせている。例えば、中世ヨーロッパを彷彿とさせる花柄布地やレースを使用したロングワンピースは、古典的で規則に捉われた"先生"なのだ。

また、クラスメイトにも多様なパーソナリティーが設定されている。眼鏡をかけ、キルティング生地でできたスカートとファーシューズを履いているのが、クラスの主人公。ランウェイにおいて、眼鏡とキルティングスカートを着用しているのはこのルックのみであり、特異な存在だということがわかる。

さらに、もう1人特異なのがクラウンメイクを施したルックだ。彼女は、クラスで問題が起こった時に冷静に解決しようとする"学級委員長"のようなポジション。この"クラス"での重要性を表すかのように、スタイリングのベースとなる生地にはキルティングを施し、唯一メミューズのロゴが刺繍されている。

自らのパーソナリティーを保つために着る鎧、それがメミューズのコンセプトでもある「バトルドレス」。多様なキャラクターに個性を与えたスタイリングは、どんなパーソナリティーやポジションの女性でも可愛くなれる、そんな相沢梨紗の理念が感じられた。