1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋はいつまでも冷めない! 3年付き合ってもラブラブな理由って?

恋はいつまでも冷めない! 3年付き合ってもラブラブな理由って?

  • 2018.3.19
  • 12759 views

人は3年たつと恋心がだんだん薄れていくといわれています。付き合い始めがピークで、その後は3か月ごとに倦怠期が訪れ、その度に恋って楽しいけど疲れるな……なんて感じてしまいますよね。
しかし、3年以上付き合ってもラブラブなカップルはいます。ではなぜ、そこまで恋心を持続できるのでしょうか? 今回は、長く付き合っていてもラブラブカップルでいられる方法をご紹介します!

付き合い始めをピークにしない!

彼氏ができた! と思うだけでテンションがグッと上がってしまうので、些細なことでうれしくなったり、彼が付き合う前よりかっこよく見えたり、とにかく恋モードに突入してしまう乙女はたくさんいます。恋愛初期のハイな状態は実際楽しいですが、そこでピークを迎えてしまうとその後は落ちていく一方……。
デートを重ねていく度に、「前のほうが楽しかったな」と思うことが増えてきてしまうんです。そのため、付き合い始めはハイになりすぎず、少し抑え気味でスタートさせましょう。

会う頻度をおさえる

とはいっても、具体的にどのように抑えればいいのか分からないですよね。気持ちを落ち着かせることは大変難しいので、物理的な行動で気持ちのブレーキをかけてみましょう。そこでオススメなのが“会う頻度をおさえる”ことです。
「毎日でも会いたい!」「週に2、3回は会いたい!」と、つい思ってしまいますが、多くても週1回程度にしておきましょう。「もっと会いたいなぁ……」と思えるくらいがちょうどいいです。

少しずつ素を出していく

性格が似ているカップルにありがちですが、最初から素を見せすぎて新鮮さがなくなってしまい、それが原因で別れに繋がることは少なくありません。素を見せることができれば確かに楽なのですが、最初からアクセル全開にするのはNG。
少しずつ素を見せることで、新たな一面を知れた喜びを味わえるので、恋に刺激が生まれるのです!

背伸びのしすぎに要注意!

自分を良く見せたい気持ちは分かります。もっと好きになってほしいという理由で背伸びをしたくなってしまう時もあるでしょう。しかし、背伸びをしすぎてしまうと、それは嘘になってしまうこともあります。
「思っていた○○ちゃんと違う」と思われてしまうのはもったいないですよね。背伸びをするのは無理のない範囲で。できないことをできると言ってしまわないように気をつけましょう。

嫉妬させるような行動はNG

彼が嫉妬してくれると「愛されているって実感できてうれしい!」と思いますよね。しかし、実際自分が嫉妬している時はどうですか? 胸が苦しくて泣きそうになりませんか? 故意に嫉妬させることは相手を苦しめているだけなので、決して愛情を確かめる方法に使ってはいけません。
嫉妬させることで「○○ちゃんと付き合うと疲れる」と思われてしまい、愛想を尽かされることもあります。愛情の確認方法は他にいくらでもあるので、相手に苦しい思いをさせないようにしてくださいね。

長く付き合うためには、自分ばっかりにならないこと、相手を思いやることが大切です。「今が楽しければそれでいい」という考え方はやめて、この先ずっと一緒にいることを考えて行動できれば、長く付き合っていけるようになります。
倦怠期なんて関係なくいつまでもラブラブでいられるように、お互いが幸せだと感じられる付き合い方をしていってくださいね。