1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性に「意識高い系」認定される?なぜか男ウケが良くない行動3つ

男性に「意識高い系」認定される?なぜか男ウケが良くない行動3つ

  • 2018.3.19
  • 46568 views

季節の変わり目は、身の回りのものや行動パターンを変えて心機一転するチャンス。

でも、プラス思考になるための行動が、なぜか男性ウケ微妙ってこと、ありますよね?
たとえば「意識高め?」なんて言われて、ちょっとへこんだり…。

今回は、筆者が実際に「意識高め?」と言われた3つの例をご紹介します。
「意識高い系を狙っているわけではなくても、そう見えることもあるのか」と参考になれば幸いです。

■写真を撮ったらインスタ映え狙い扱い
先日、学生時代の仲間と集まる機会があり、そのときに旅行帰りの友人からもらったお土産を、スマホで撮影しました。

すると、隣の同級生がこんな一言を。

「もしかしてインスタ映えとか狙っちゃってる? 意識高めかよぉ」

彼は筆者と同級生の、アラサー既婚男性です。SNSは特に書き込むことがないから、登録もしていないと言います。

筆者はお土産の包装がかわいらしかったので、開封する前の写真を残しておきたかっただけなのですが、思うところがありInstagramに熱心な女性は苦手かと聞いてみました。

話を聞くと、奥様はInstagramに料理やネイルの写真をアップしていて、彼にとっては日常のいいところだけを切り取り「見栄を張っている」イメージがあるのだそうです。

見栄だとしても、身なりや料理のモチベを上げられるならばInstagramの活用は良いことだと思うのですが、自然体が好きな男性もいるということがわかりました。

気になる男性が質素倹約家だったら、彼の前でInstagram用の写真を撮影するのは控えたほうがいいのかもしれませんね。

■カフェのグッズを使用
人気カフェの限定タンブラーやマグカップ、トートバッグの愛用者を見かけることは、珍しくないでしょう。

数年前、筆者もデザインに一目ぼれして買ったマグカップがあります。
デザインも機能性も良いものが多いので、「流行の最先端」を意識して手にするわけではありません。

ところが最近、そのマグカップを手に打ち合わせをしていたら、こんなことを言われました。

「どうして女性は人気カフェにこだわるの? コンビニのコーヒーのほうが安いのに」

ああ、もしかしたら「意識高い系」認定されているのかなと思い、たまたま一目ぼれして買ったことを伝えました。

そして、普段はコンビニのコーヒーを愛飲しているし、ちょっとした贅沢だと思っていることも語りました。

価値観の違いと言ってしまえばそれまでですが、純粋に一目ぼれしたものや、機能性を重視して用いているものからも、意識高い認定されることがあるのだなと感じたエピソードです。

でも、お気に入りのカフェがあれば、どんどんこだわればいいと思います。おいしいから、雰囲気が好きだからと、理由はなんだって良いでしょう。

誰に迷惑をかけるわけでもなく、カフェで疲れやストレスをリセットできるのであれば、意識高い系ではなく、意識を高く持ってセルフマネジメントができている証拠なのですから!

■アプリでの写真加工
10代を中心に人気の写真加工アプリ。
筆者も気になっていたのでダウンロードしてみたところ、変顔加工される、一緒に映る人の顔と入れ替わるなど、面白い機能がたくさんありました。

もれなく肌がきれいに補正される機能もあり、お疲れ顏が増えてきたアラサー世代の筆者にとっては、うれしいの一言なのですが…。
20代半ばの後輩世代の親戚に、指摘されてしまいました。

「プリクラ世代の女性の上司や先輩は、アプリ加工したのをLINEのアイコンにしてる率が高い。美意識が高いのはわかるけど、リアルを磨いたほうがいい」

まさしくプリクラ世代の筆者。でも、若い女性ほど加工アイコン使用率が多いじゃないかと反論してしまいました(主観です)。

でも、目立つのだそうです。
加工写真は実年齢よりもかなり若く見えるので、悪目立ちするのだとか。かなり辛口コメントになりましたが、なるほどと納得してしまう面もあります。

きっと、世代ごとの味や雰囲気を大事にしろということなのではないでしょうか。

■終わりに
3つの例はすべて、価値観の違いによって起きたことだと思われます。なので、こんな価値観の人もいるんだということをなんとなく知っておくと、気になる彼の一言で大きなショックを受けずに済むかもしれません。

ちなみに筆者は、こんなことで意識高い系と思われるのは、心外だなあと思うタイプです。

※画像出典/shutterstockライタープロフィール
saki
たまに毒舌なコラムニスト。一度ハマるとどっぷり浸かるB型アラサー。アロマとコーヒーと舞浜の某レジャースポットをこよなく愛しています。