1. トップ
  2. ファッション
  3. メゾン キツネ 2018-19年秋冬コレクション、心躍るレトロフューチャースタイル

メゾン キツネ 2018-19年秋冬コレクション、心躍るレトロフューチャースタイル

  • 2018.3.19
  • 4374 views

メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)は、2018-19年秋冬コレクションを発表。

今シーズンは、「Dream Amplifier」というタイトルのもと、ギークカルチャーにインスパイアされたコレクションを展開。メゾン キツネを象徴するクラシカルなプレッピースタイルに、多彩な素材、意外性のあるカラーリング、プレイフルなプリントを取り入れ、様々な個性をミックス。未来への期待を膨らませるかのように、心躍るレトロフューチャースタイルが揃った。

トレンチコートは袖をロールアップすると、ヴィンテージ調の総柄プリントが見える。大胆にベルトを縛り、ベースボールキャップを合わせることで、着こなしに新しさや抜け感を吹き込む。チャコールグレーのスーツは、存在感のあるベルトでウエストマーク。ジャケットの袖をまくり上げ、肩をあえて落とすことでシルエットを崩す。

タートルネックのインナーに、ワンピースやブラウスを重ね着し、ホワイト、柔らかなカーキ、ダークレッドなど、色のコントラストを見せたルックはどこか知的な雰囲気が漂う。腰にはニットなどをベルトのように巻き付け、懐古的な空気を演出している。

また、腰だけでなく、首にもニットを巻いてストールのようにスタイリングしてみたり、たすき掛けにしたり、もしくは2着同時に巻いたりと、ラフな洋服の纏い方は自由奔放なコーディネートの楽しみを表現するかのようだ。

散見されるのは、ヘルシーな印象のミニ丈。カフスと襟元をホワイトの生地で切り替えてクリーンに仕上げた柄プリントのワンピースには、オーバーシルエットのコートを羽織って快活さに気品をプラス。一方、フェイクファーのジャケットには、ニットポロやコーデュロイのショートパンツを組み合わせてスポーティーな印象に仕上げている。極端なエッジに触れない、絶妙なバランス感はメゾン キツネならではの美学を思わせる。