1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 忙し女子にオススメ!時短も節約も叶う「冷凍庫」片づけルール5つ

忙し女子にオススメ!時短も節約も叶う「冷凍庫」片づけルール5つ

  • 2018.3.18
  • 63502 views

おはようございます。にこにこらいふアドバイザーのゆりんごです♪

前回は、冷蔵庫の片づけ術(「気づけば期限切れ…」を解消!食品をムダにしない冷蔵庫片づけ術5つ→https://asajikan.jp/article/140649)をご紹介したので、今回はわが家でも実践している「冷凍庫」片づけのルールをご紹介いたします♪

【1】定期的に全て出す

「冷凍してあるから大丈夫。」

そんなふうに思ってしまいがちですが、実は冷凍していても賞味期限というのはなくなりません…!何ヶ月も・何年も(!)冷凍していてると、食品も劣化してしまい、いざ食べようと思った頃には味や風味が悪くなっていることもあります。

冷凍食品をムダにしてしまう原因としては

奥に何が入っているのか見えない
食品のしまう場所が決まっていない
中身を把握しきれていないので使い切れない
詰め込み方式でしまっている

ということが考えられます。

改善したいという方は、一度冷凍庫を整理するためにも、全ての食品を出してみましょう!いつからあるのか分からないモノは、これを機に潔く処分です。食べてもおいしくないことがほとんどですよ。。(経験者は語る。。笑)

【2】種類別に「グループ分け(=グルーピング)」する

出した食品は、種類別にグループで分けてみましょう!

たとえばわが家では

魚介系(お肉系はだいたいパーシャル室です。“入るだけ”にしています)
緑野菜系
キノコ類
揚げ物系
スイーツ系
パン作り系

などとグルーピングしています。自分自身がわかりやすければよいので、分け方はざっくりでも大丈夫です!

【3】「冷凍庫=大きな引き出し」。ちょっと仕切ってみる

扉タイプの冷凍庫もありますが、最近は引き出しタイプの冷凍庫をお使いの方も多いですよね。

冷凍庫をあえて“ただの大きな引き出し”と考えてみたとき、何も考えずにモノをどんどん入れてしまうのは「キケンなこと」だというのは、なんとなくお分かりでしょうか…?(笑)

いつか「奥底からお宝が出てきた…!」なんてことにならないように(笑)、大きな引き出しはちょっと仕切って使いましょう♪

おすすめは100円ショップのケースやカゴです。同じ商品で揃えると見た目もスッキリします^^

かなりざっくりとですが、わが家の冷凍庫・下段ではこんな感じです。だいたいグルーピングごとに入っています。

また、おうちに眠っているタッパーがあるのでしたら、ぜひ収納に使ってモノの有効活用化をしましょう◎

(上段・左側の3つは使っていないタッパーを活用しています♪)

【4】必ず入っている常備食品は「リスト化」

(上段・左側の3つは使っていないタッパーを活用しています♪)

冷凍庫に必ず入っている食品、把握できていますか?(わが家ではグルーピングした食品の他にも、単品で、コーヒーの粉・チーズ・にんにく・牛脂なんかが、冷凍庫の定番品です)

買い物から帰ってきていざしまおうと思った時、冷凍庫に食品が入りきらない…なんてことになったら悲惨ですよね。

そうならないためにも、常備している食品は頭に入れておいて、必要な時に必要な分だけ買うようにしましょう!

まずは一度、「常備食品のリスト化」をしてみることがおすすめです。

書いて把握することにより、きちんと収納できることに繋がりますし、ダブり買いも防ぐことができますよ^^

【5】シンデレラフィットで経済的♪

パンパンな冷蔵庫は経済的にも片づけ的にもあまりおすすめできませんが、冷蔵庫はスカスカよりもパンパンなほうが、お互いを冷やしてくれるので逆に経済的なんです♪

シンデレラフィットを目指して収納すれば、見た目もわかりやすいだけでなく、経済的にもお得になりますよ^^

以上、いかがでしたか?時短や節約の味方としても大活躍な冷凍庫は、ぜひ使いこなしたいですね♪

素敵な朝時間を!

■土曜日の朝に更新♪

バックナンバーはこちら >> https://asajikan.jp/asabijin/kataduke_morning/

ゆりんごのInstagramはこちら >> @yuringo717

ホームページはこちら >>NICONICOLIFE(http://niconicolife.strikingly.com)

 

☆この連載は<隔週土曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!