1. トップ
  2. レシピ
  3. 老舗の立ち飲みからおしゃれなバルまでそろう!新梅田食堂街の“ちょい飲み”できる店4選

老舗の立ち飲みからおしゃれなバルまでそろう!新梅田食堂街の“ちょい飲み”できる店4選

  • 2018.3.16
  • 347 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/140686/

新梅田食堂街は、JR大阪駅東側の高架下の飲食店街。安くて旨い昔ながらの老舗から、おしゃれなバルなども続々誕生中で注目のエリア。そんな人気の新梅田食堂街からちょい飲みに最適なお店をご紹介!<※情報は関西フラリーマンウォーカー(2018年3月9日発売号)より>

■ “屋根裏部屋”のような店

「attic」は、“屋根裏部屋”という店名どおり、隠れ家的雰囲気が魅力で2014年のオープン時から即人気に。ワイン輸入会社に勤めていたこともある店主が厳選した赤・白・スパークリング合わせて常時9種以上がグラスで楽しめる。14種そろうアテもレベルが高い!

入口から向かって左はスタンディングスペースになっている

日によって内容が変わる「自家製燻製いろいろ盛り合わせ」(700円)。

コショウを効かせ、ほんのりスパイシーに仕上げた「ポテトサラダ」(400円)。

レーベンブロイなど樽生ビールも2種そろう。

一杯だけの時はスタンディングで、じっくり飲みたい時は椅子で、シーンに応じて使えるのが便利です。アテは高槻の名店から仕入れる「水晶餃子」(500円)なども!(編集部)

■attic<住所:大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街2F 電話:06-6362-9056 時間:16:00~22:30(LO) 休み:日曜 席数:9席、スタンディング約6人 タバコ:禁煙 交通:JR大阪駅御堂筋南口より東へ。徒歩2分>

■ 上質のワインを鴨料理と一緒に

「中村や」は、新梅田食道街で60年以上続く焼鳥店「とり平」の2代目の息子さんが営むワインバー。それゆえアテは「とり平」秘伝の継ぎ足しのタレを使った鴨料理がメイン。店主が厳選した1杯864円からそろうワインと共に楽しもう。

ウッディでスタイリッシュな店内は、落ち着いて飲めると女性の一人客も多い。

「鴨チャーシュー」(410円・手前)は「とり平」自慢のタレに漬け込んだ逸品。「鴨シュウマイ」(5個410円・奥)など、料理はどれもリーズナブルなのに本格テイスト。

店内は、外の喧騒が気にならないほど落ち着いた雰囲気。

その日の天気によって厳選しているというワインは、上質のものながらも、手ごろな価格設定がうれしい。メニューに書いてあるもの以外もあるので、店主に相談して!(編集部)

■中村や<住所:大阪市北区角田町9-10 新梅田食道街1F 電話:06-6312-2846 時間:17:00~22:45(LO22:15)、土曜16:00~22:00(LO21:30) 休み:日曜(祝日の場合翌日) 席数:9席 交通:JR大阪駅御堂筋南口より東へ。徒歩2分>

■ 半世紀以上変わらぬ老舗の串カツを

「串カツ 松葉総本店」は、60年以上梅田を見守り続けてきた串カツの老舗。1本100円からある串は、今でも毎日串打ちし、熟練の職人がテンポよくカラッと揚げていく。店でブレンドする甘辛ソースをたっぷり付けて、「生中」(450円)と共に堪能しよう。

串カツが珍しかったころから営業。2015年には「エキマルシェ新大阪」にもオープン。

一番人気の「牛串」(100円)をはじめ、「えび」(120円)など安くて多彩な串が。

「冷やっこ」(300円)ははし休めに。夏の「豚冷しゃぶ」(300円)など季節品もある。

注文を受けてからではなく、昔ながらの揚げ置きスタイルなので、回転寿司気分でパクつけます。飛ぶように売れる人気店だから、タイミングを合わせればもちろん揚げたても。(編集部)

■串カツ 松葉総本店<住所:大阪市北区角田町9-20 新梅田食道街1F 電話:06-6312-6615 時間:14:00~22:00、土曜11:00~22:00、日祝11:00~21:30 休み:なし 席数:スタンディング60人 タバコ:喫煙可 交通:JR大阪駅御堂筋南口より東へ。徒歩2分>

店名にいつわりナシ!「旬鮮市場 gyoぎょ魚」は新鮮な魚が超お値打ち価格で食べられる居酒屋だった

■ 新鮮な魚介とサクサクの串揚げが名物

各地の漁港から直送される天然魚や、毎朝木津市場から仕入る厳選された魚介が自慢の「旬鮮市場 gyoぎょ魚」。どれも鮮度抜群で、原価ギリギリというお手ごろ価格なのが魅力と、店内はつねに大勢の人でにぎわっている。しかも仕入れ次第ではノドグロやアワビをはじめとした高級食材や、めったにお目にかかれない深海魚などが登場することもあるというので、メニューに並んだらぜひチェックしたい。

その日のオススメのレアな魚は、売切れになることもあるので、早めの来店がベターだ!

1串1串が大きいのが魅力。豚カツやエビ、限定まぐろカツ、ホタテなど25種以上の串揚げがそろう!

その日仕入れた新鮮な魚が味わえる日替りのお造り。写真は左からブリ、ヨコワ、シマアジを840円で提供。

店名を裏切らない上質の魚と相性抜群の酒を堪能できます!料理は上質な魚を使った390円からの造りを中心に揚げ物、焼き物など多彩にそろいます。

豊かな旨味と甘味を併せ持つ「焼味尽」(グラス380円、ボトル2880円)や、厳選した甘味の強い黄金千貫や紅芋といったサツマイモを使った「gyoぎょ魚」(グラス410円、ボトル3080円)など2種のオリジナル焼酎をはじめ、日本酒や梅酒、泡盛など魚と相性抜群のドリンクも豊富。串揚げも油がしつこくなく、何本でもいけそうなほどで、おいしいです。2130円からコース(プラス1620円で飲み放題付き)もあるので、宴会使いにも最適ですよ。

■旬鮮市場 gyoぎょ魚<住所:大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街2F 電話:06-6363-8329 時間:17:00~23:30(LO22:30)、日祝16:00~23:30 休み:不定休 席数:38席 突き出し200円 タバコ:喫煙可 交通:JR大阪駅御堂筋南口より東へ徒歩2分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

オリジナルサイトで読む