1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュウミュウ 2018-19年秋冬コレクション - 50年代後半から女性たちは強くなった

ミュウミュウ 2018-19年秋冬コレクション - 50年代後半から女性たちは強くなった

  • 2018.3.15
  • 3207 views

ミュウミュウ(MIU MIU)の2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。会場一面に吊るされたアルファベットロゴ。レタリングと一緒にのっているのは、顔や手など人のボディパーツにフォーカスしたキッチュなイラストだ。今回ミュウミュウは初めてMM Parisとコラボレーションし会場をデコレーション。こういった新しいチャレンジは、アバンギャルドで個性的―ミウッチャ・プラダ率いるミュウミュウが追い求めるヴィジョンを具現化しているように見える。

コレクションピースも同様に強い個性を纏った。目指したのは過去と現代のエッセンスの掛け合わせだ。基軸となったのは女性の社会進出が進んだ50年代後半のときのことで、そこにストリートの感覚を混ぜ込み“いま”を捉えていく。

モデルの顔より大きいのではないだろうか…パンチあるヘアメイクが目に留まる。こぶのように膨らんだトップヘアからは、逆毛をかけてボリュームを出したロング~ミディアムヘアからちょろりと伸びている。

ヘアだけでない装いも女性たちのパワーを体現する。とにかく目立つのはパワーショルダーで、エナメルレザー、マットなレザー、ダメージデニム、暖かみのあるウールジャカードなど様々な素材で作られたアウター類は、どれも肩周りがとにかく大きい。

ショルダーの重量感と対峙させるように、ウエストはシェイプ。トップスをタックインして2重にベルトを巻き付けたり、ボディコンシャスなベアドレスを投じたり、レッグラインを露わにするペンシルスカートを差し込んだりして、シルエットの緩急を楽しんでいる。

ケミカルウォッシュデニムのブルゾンにボトムス、肉厚な千鳥格子のスカート、ドット柄のワンピース。コレクションに登場するのはどこかレトロな印象のピースばかり。交わるのは、近未来的なシルエットであるのにポップなカラーで彩られたアイウェアや首を保護するようにぐるぐる巻きつけられたストールといった、存在感の強いアクセサリーと、現代のストリートになじみ深いデニム、ニットといったカジュアルなピース。共通項のないピースがごちゃ混ぜになっているのだが、揃った姿はまとまりがありミュウミュウ独自の集合体として存在している。