1. トップ
  2. ファッション
  3. ルイ・ヴィトン 2018-19年秋冬コレクション - この先の未来で洋服はどう進化するのか

ルイ・ヴィトン 2018-19年秋冬コレクション - この先の未来で洋服はどう進化するのか

  • 2018.3.15
  • 1836 views

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、フランス・パリで発表された。

今季二コラ・ジェスキエールがチャレンジしたのは、ルイ・ヴィトンの故郷フランスの伝統と、彼が得意とするフューチャーリスティックな要素を融合させること。シンプルなフレンチシックな装いを、様々なアプローチによって近未来的なピースへと変化させていく。

コレクションの始まりは、膝丈スカートのセットアップを基軸としたオーセンティックなスタイルが中心。襟元や裾周りを飾るのは、フランス貴族さながらの高貴な金刺繍やゴールドボタンだ。アンフィニッシュな伸びた糸と均等に並んだボタンの規則性。そのアンバランスな対峙が面白い。

ニットとレイヤードされ度々登場するキャミソールドレスは、胸元までの華奢な印象に反して、腰回りからは大きく左右に広がり構築的なフォルムで登場。テキスタイルも二コラ・ジェスキエールが得意とするマッシュアップの理論で選ばれていて、涼し気なフォルムであるのにファブリックは肉厚だ。

コレクションの進行に合わせて、テイストミックスのアプローチはテンションを上げて加速。そしてスタイルはぐんぐんと未来に向けてアップデートされていく。チェックや千鳥格子模様のクラシックなファブリック、ゴールドベルトのデコレーションなどで、コンサバティブに仕上げたスカートと組み合わされるのは、スポーティーなトップスだ。

弾けるようなイエローやブルーと幾何学的な模様。パンチのある色柄を層のように重ねて首から胸上までを彩る。ボタンは大きくラインのアクセントを加えて。出来上がったクルーネックトップスは、宇宙服のようにも見えるし、トレーニングウェアのようにも見える。古くボディラインを美しくみせ、女性たちの味方であったコルセットも未来に向けて進化。フォルムは伝統的なままであるが、ギュギュっと中央でしめたリボンを堺にしてマルチカラーに彩られ、洋服の下ではなく上に重ねるレイヤードピースとして提案されている。