1. トップ
  2. 恋愛
  3. やってない? 年下男子がイラッとする昭和的恋愛価値観

やってない? 年下男子がイラッとする昭和的恋愛価値観

  • 2018.3.15
  • 31639 views

いざ年上女性と付き合ってみて、「年上女性っていいな~。」と思う所もあれば、年下男子がイラッとすることもあり……。
今回はそんな年上女性の昭和的価値観にイライラする年下男子からの意見をまとめてみました!

シンデレラストーリー好き

「苦労すれば報われると思っている節があるのか、苦労話が長い。要領よくできないし、要領がいい人の事をすぐひがむ。」(29歳男/会社員)
いつかきっとこの苦労は報われると信じて疑わないし、方向性の違う無駄な努力をもくもくとして悲劇のヒロインをこじらせて、要領よくしているように見える人の事は認められない、下手すればズルい! とまで言いそうな勢いです。
子供の頃読んだシンデレラストーリーの苦労の部分だけを頑張っていては、自分の苦労話が長くなるだけです。真面目にしていれば、いつか報われるのではなく方向性と主張、それに行動が一番大事ですよ!

変なこだわり

「正社員でなければダメとか、こんな仕事はダメ! という価値観が根本にあるのか、新しい職種なんかを受け入れない。」(30歳男/WEB屋)
仕事の多様化などから、色々な職種ができていますが昭和の時になかった職種のことを、ちょっとバカにしている節があるのかも知れません。昭和は完全に「安定した仕事」という価値観が固定されていたので、認められない気持ちもわかりますが、昭和女子もイマドキの価値観に溶け込めるようにがんばりましょう。

金銭感覚のズレ

「男が奢るものとして頭にあるのか、なかなか財布を出そうとしない。」(26歳男/派遣)
昭和的価値観の中に男を立てることがあげられますが、男性に奢ってもらう=男を立てること。と勘違いしているままの人がいまだにいるのかも知れませんね。金銭感覚は個人個人の価値観なのですが、今は割り勘が主流です。都合のいい価値観の押し付けを通しているといい関係を築けません。話あって自分たちの新しいルールを作っていきましょう。
他にも心の奥底では専業主婦が一番いいと思っているなど、今の価値観に合わせられていないことなども昭和の金銭感覚のズレが残っています。
 
もっとわかりやすく言えば、パソコンのショートカットキーや便利な機能を使っていると「ズルい! 」と言ってくる人が居ます。
無駄に苦労することと、知識からの効率化は違いますし、色んなことを吸収した上で使えるようにならなければ昭和的価値観といわれてもしょうがないですよ。男性が多様化したように、女性もまた多様化を求められていますからね。(只野あさみ/ライター)
(愛カツ編集部)