1. トップ
  2. レシピ
  3. 外側&内側から徹底ケア!春の紫外線からお肌を守るコツ

外側&内側から徹底ケア!春の紫外線からお肌を守るコツ

  • 2018.3.15
  • 1190 views

春先から一気に強まる紫外線。通勤途中やランチ休憩での外出時など、短時間でも油断は禁物。「ちょっとだけだし……」と思っても、毎日の積み重なりは大きなダメージの原因に。

そこで今回は、春の紫外線からお肌を守るコツを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

アウターケアで紫外線予防

まずはアウターケアで紫外線を可能な限りブロックすることが大切です。朝のスキンケアの後は必ずUVケアを行いましょう。

日焼けを予防するには、赤みが出る日焼けの原因になる「紫外線B波」と、ゆっくり肌細胞の奥へ浸透し肌を黒くする「紫外線A波」の両方をブロックすることが大切です。

日焼け止めには「SPF」や「PA」といった表記がありますが、B波をブロックするのが「SPF」、A波をブロックするのが「PA」です。通勤など日常生活では「SPF20」「PA++」程度で十分紫外線をブロックできます。

インナーケアで細胞の奥から美肌を作る

紫外線ダメージはお肌に様々な悪影響を及ぼし、しみやそばかす、たるみなどの肌ダメージの原因になります。
そこで大切なのが食事によるインナーケア。肌細胞の老化を防ぐ栄養素や、新しい細胞のもとになる栄養素などを積極的に取り入れることがとても大切です。
たんぱく質

細胞のもとになる「たんぱく質」。脂身の少ない赤身肉や、良質な脂質が豊富な青魚、ヘルシーな豆腐製品などは良質なたんぱく質が豊富です。

菜食主義の人は、つい不足しがちなたんぱく質。美肌作りのためにも積極的に取り入れましょう。
ビタミンC
ビタミンCは肌細胞のコラーゲン生成をサポートする、美肌作りに欠かせない栄養素です。紫外線ダメージやストレスなどによって発生する活性酸素は細胞老化のもと。
この活性酸素の働きを抑える「抗酸化力」が非常に高い栄養素のひとつがビタミンCで、シミ・ソバカス・しわなどを予防する働きが期待されています。
春が旬の様々な柑橘類やイチゴはビタミンCが豊富。毎日の食事に積極的に取り入れてみて。

ランチで選びたい食材

どうせ食べるなら、ランチでも紫外線ケアをサポートしてくれる食材を取り入れたいもの。オススメは「抗酸化力」が高い食材。ビタミンA、C、Eは「抗酸化力ビタミン」「抗酸化トリオ」と呼ばれるほど細胞老化を防ぐ働きが強い栄養素です。

ごはんなら白米よりも玄米の方がビタミンEが豊富です。ビタミンCは野菜果物類全般に、ビタミンAは赤やオレンジ系の食材に豊富です。パスタや炒め物によく使われる赤パプリカやサーモンなどは比較的取り入れやすいのでオススメです。

紫外線が気になる時におすすめのドリンク

お仕事の休憩時に飲むなら、ビタミンCが豊富なアセロラジュースやローズヒップティー、ハイビスカスティー、レモネードなどがオススメ。
また、最近よく見かけるようになったアーモンドミルクは、ビタミンEが豊富です。緑茶に含まれるカテキンも抗酸化力が高いですよ。

果汁100%入りのぶどうジュースも、抗酸化力の高いポリフェノールが豊富なのでオススメです。

いかがでしたか? インナーケアとアウターケア、そしてランチ食材や休憩時のドリンクなど、ちょっと意識するだけでインナービューティー力はぐんとアップ。日に日に強まる紫外線対策と、毎日の健康のためにぜひ取り入れてみて下さいね。
ライタープロフィール
インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子
「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)
【保有資格】
ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級