1. トップ
  2. ヘア
  3. 立体感のある3Dカラーが今旬♪ハイライト・ローライトで大人可愛く♡

立体感のある3Dカラーが今旬♪ハイライト・ローライトで大人可愛く♡

  • 2018.3.15
  • 3746 views

ふんわりとした仕上がりにしたい時、明るめのカラーやコテで巻いてヘアスタイルを作りますが、ハイライトやローライトを入れてあげることで、簡単に立体的な動きを出すことができます。特に今っぽい3Dカラースタイルは、ハイライトやローライトを馴染ませながら入れることがポイントです。今回は、そんな今っぽい立体的なヘアスタイルをご紹介させて頂きます♪

今っぽ3Dカラースタイル

両方入れるのも良いですし、片方だけ入れてあげるのも良いのでぜひ参考にしてみてください♪ 

ベースはダークグレージュカラースタイルで暗めにすることで、ハイライトがいい味を出してくれます。ハイライトを主張する感じではなく、全体にまんべんなく入れることで自然な感じが生まれ、今っぽいナチュラル3Dカラースタイルに♪

表面部分に明るめのカラーを持ってきて、内側をメインにローライトを入れることで顔周りがしまり、奥行きが出て顔が小さく見えるカラースタイル。ボブスタイルなど、ショートスタイルにオススメのカラースタイルです♪ 

明るめのアッシュベージュカラースタイルの合間合間にローライトを入れることで、明るいカラーの毛束がより浮きやすく仕上がります。外ハネのふんわりスタイルにしたい時に入れてみてください♪ 

ハイライトとローライトの両方を入れたカラースタイル。ハイライト部分は浮いたように見えて、ローライト部分はしまって見えるので、簡単に立体的なヘアスタイルにすることができるようになります♪ 

明度差をあまりつけないハイライトを入れることで、ナチュラルな仕上がりの3Dカラースタイルに。ハイライト自体はあまり見えませんが、キレイ目が好きな大人女性には納得のカラースタイルに仕上がります♪ 

全体的に落ち着いたアッシュカラースタイルに、ローライトを入れることで、暗髪でも巻いた時などに浮き感を作ってくれます。事情があって明るい色にできないけど、3Dカラースタイルにしたい時にオススメです♪ 

毛先中心にハイライトを入れることで、外ハネスタイルが際立つカラースタイルに。隠れるような馴染み方がオシャレで、外ハネなど、しっかりと毛先に動きを出したいヘアスタイルにしたい時にオススメです♪ 

ダークグレージュカラースタイルと、ロングスタイルを合わせた時こそ、細いハイライトを入れるだけで、ナチュラルなアクセントが生まれます。1束ずつ入れてあげることで毛流れを作ってくれるカラースタイルに♪ 

ハイライトとローライトを入れることにより、ナチュラルボブスタイルに、ふんわりとしたアクティブ感が出てくれます。ペタンとなりやすいボブスタイルも、自然と動きが出てくれる仕上がりになります♪ 

明るめのアッシュベージュカラースタイルに、ローライトを入れたカラースタイルは、波巻きウェーブなど細かい動きを出したい時にポイントになってくれます。ウェーブの動きが前面に出てくれて立体的な仕上がりに♪ 

ローライトを細かく入れることで、ツヤっぽく見える効果が生まれます。明るめカラースタイルにしてパサっとするのが気になる方は、ローライトを入れてまとまるような感じにしてあげると、キレイな髪の毛に見えるようになります♪

ボブスタイルにハイライトを入れて、あまり派手にしすぎたくないのなら、ハチ上にだけハイライトを入れると自然な仕上がりになります。動きをつけると、表面に入れたハイライトのみが浮かび上がってくれるので、可愛いヘアスタイルに♪ 

サラッと流れるナチュラルボブスタイルには、ローライトがいいでしょう。髪の毛の内側に入れることで、顔周りを引き締めて奥行きを出してくれるので、ストレートでもペタンとなりにくくなります♪ 

インナーカラーのようにローライトを入れてあげることで、毛先の動きに立体感が生まれます。毛先だけを巻くことが多いなら、こんな感じにローライトを入れて動きを出すのも可愛いですね♪ 

ナチュラルなストレートスタイルにするなら、間違いなくローライトがオススメです。ベースの明るいカラースタイルが自然に浮かび上がり、タイトでありながらも立体的な視覚を生み出してくれます♪ 

まとめ

いかがでしたか?ヘアスタイルや、いつものスタイリングに合わせてハイ・ローライトを入れてあげることで、今っぽい可愛い3Dカラースタイルにしてあげましょう♪