1. トップ
  2. レシピ
  3. ドキュメンタリー映画『太陽の塔』岡本太郎はなぜ太陽の塔を作ったのか?制作過程や作品のメッセージに迫る

ドキュメンタリー映画『太陽の塔』岡本太郎はなぜ太陽の塔を作ったのか?制作過程や作品のメッセージに迫る

  • 2018.3.13
  • 611 views

ドキュメンタリー映画『太陽の塔』が、2018年9月に新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国で公開される。

「太陽の塔」とは

岡本太郎の「太陽の塔」は、1970年に「人類の進歩と調和」というテーマで開かれた大阪万博のシンボルとして制作された作品。万博のテーマに反して周りと調和しようとしない太古のようなフォルムがひときわ異彩を放っていた。

現在も大阪のシンボルとして大阪府吹田市の万博記念公園にそびえ立つ「太陽の塔」は、2018年3月19日(月)より約50年ぶりに内部を公開。入館予約開始と同時に予約が殺到し、サーバーをダウンさせる程の盛り上がりを見せている。

制作当時の関係者や専門家にインタビュー

映画『太陽の塔』では、制作当時、岡本太郎の周辺で太陽の塔の事業に関わっていた人々の貴重な証言と、美術研究家などの専門家やアーティスト、クリエイターのインタビューを記録。太陽の塔のルーツ、そして同時期に制作された"明日の神話"のテーマを探る取材を通して、現代に生きる我々への太陽の塔からのメッセージを読み取っていく。

監督は、公募で選ばれた映像ディレクター・関根光才。これまでに安室奈美恵、AKB48、Mr.Childrenのミュージックビデオや、資生堂、TOYOTA、アディダスなどトップブランドのコマーシャルを手がけ、カンヌ国際広告祭など国際的な賞を受賞した経歴を持つ。

展覧会も

映画『太陽の塔』公開に連動して、大阪のあべのハルカス美術館では展覧会「太陽の塔」を2018年9月15日(土)から11月4日(日)まで開催する。

詳細

映画『太陽の塔』
公開時期:2018年9月
監督:関根光才
撮影:上野千蔵 照明:西田真智公
録音:清水天務仁 編集:本田吉孝 音楽:JEMAPUR
製作:映画『太陽の塔』製作委員会(株式会社パルコ、株式会社スプーン、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団、 株式会社NHKエデュケーショナル)
■展覧会「太陽の塔」
期間:2018年9月15日(土)~11月4日(日)
場所:あべのハルカス美術館
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階

©2018 映画『太陽の塔』製作委員会