1. トップ
  2. グルメ
  3. 使い勝手抜群のイッタラ「ティーマシリーズ」☆新生活におすすめの食器をご紹介

使い勝手抜群のイッタラ「ティーマシリーズ」☆新生活におすすめの食器をご紹介

  • 2018.3.12
  • 14530 views

春は一人暮らしの季節。この春一人暮らしを始める方は、家具や家電など準備するものがたくさんあることでしょう。そんな一人暮らしを始める方にぜひおすすめしたい食器が、イッタラのティーマシリーズ。その魅力をお伝えしましょう!

一人暮らしの食器はどう選べばいいの?

形やサイズ・色、和と洋、ふちのあるなしなど、無数にある中から選ぶ食器選び。お店に行けば、あれもこれもと欲しくなって、ついつい数も増えていきがちです。

一人暮らしをはじめる場合は、まずは必要最低限のものだけ揃えるのがおすすめです。少しずつ自分好みのものを集めていくのも楽しいものですよ♪ 

最初に買う一枚は極力シンプルなデザインものを買うのがよいでしょう。あとから食器を買っていく場合にも、シンプルなものであれば、どんなものにも合わせることができます。そこでおすすめしたいのが、イッタラのティーマシリーズ。こちらはデザインはシンプルで、和食や洋食、中華と料理を選びません。また、プレートからはじまり、ボウルやマグカップなど、バリエーションが豊富にそ揃っているのも魅力です。 

ティーマシリーズとは?

1952年の発売から、変わらぬ人気をほこるティーマシリーズ。ティーマのデザインを行ったカイ・フランクの「必要な装飾は色だけ」と語る通り、すっきりシンプルなデザインで一切の装飾がありません。 

シンプルなデザインなので、どんな料理にも合わせることが出来るのがティーマの魅力♪他の食器と合わせやすいのも嬉しいポイントです。サイズやカラーのバリエーションも多く、ティーマシリーズを少しずつ買い足していくのもよいですね。 

しっかりとした厚みがあり、丈夫で扱いやすいティーマ。電子レンジや食洗機にも対応しているので、お手入れも簡単です。また、装飾がないティーマのプレートは重ねて収納ができるので、収納場所をとりません♪ 

イッタラのティーマシリーズを詳しく見てみよう!

26cmプレート

現在、ティーマのプレートには、26cm、21cm、17cm、15cmの4つのサイズがあります。そのなかで一番大きな26cmのサイズは、みんなでワイワイつまむお皿料理にぴったりのサイズです。 

お料理をワンプレートで楽しむときにも、このサイズが活躍してくれます♪サイズが大きいので、小皿を並べて載せることもできます。 

21cmプレート

21cmサイズのお皿は、使い勝手バツグン!1人分の料理やトーストを乗せるのにぴったりのサイズです。最初に1枚だけ購入するのであれば、この21cmサイズがオススメです。 

17cmプレート

17cmのプレートは、取り皿にちょうどいい大きさ。お友達を招いて食事をする場合には、大皿と、複数枚取り皿を揃えておくとよいでしょう。 

また、17cmのサイズは、ショートケーキを乗せるのにぴったりの大きさ。もう1サイズ下の15cmサイズも、小さめのケーキやフルーツを乗せたりと、様々に活用できます。 

スクエアプレート

食卓に変化が欲しいなというときには、スクエアプレートがオススメです。いろいろとお料理をつくるようになった時には、形や色のバリエーションを増やしてみましょう。

ボウル

現在、ボウルのサイズは2種類。ひとつは、スープやお味噌汁を入れるのにちょうどいい15cmサイズで、お茶碗のとして使うこともできますね。もうひとつは、たっぷり入る21cm。シチューやラーメンなど汁が多い料理や、丼などにも使用することができます。 

ティーマのシンプルなデザインは、土鍋など和のアイテムとあわせてもステキ。お鍋の取り皿として利用するのもよいですね。 

マグカップ

現在0.3L、0.4Lの2種類のサイズがそろっているマグカップ。0.3Lはコーヒーにも紅茶にもスタンダードなサイズです。0.4Lはやや大きめで、たっぷりの飲み物をいれたり、スープカップに使うことができます。 

カップ&ソーサー

カップ&ソーサーを使われる方も多いのではないでしょうか?こちらのカップ&ソーサーは、それぞれ別々でも使えるのが魅力。ソーサーはプレートの15cmと同じサイズとなっています。 

見逃せない限定色!

ティーマはいつでも買い足すことができる定番の製品であることも魅力ですが、限定色や新色が販売されることもあります。限定色は見逃さずチェックしてくださいね! 

まとめ

ロングセラーを誇るイッタラのティーマシリーズ。シンプルで飽きのこないデザインに、丈夫なつくり、豊富なカラーバリエーションに加え、お値段もお手頃で雑貨店など多くのお店で購入することもできる、いいことづくめの食器なんです。あなたもぜひ、最初の一枚をティーマシリーズからはじめてみませんか?