1. トップ
  2. ファッション
  3. お部屋のアクセントになる♪ユニークなリースを使ったディスプレイをご紹介します♪

お部屋のアクセントになる♪ユニークなリースを使ったディスプレイをご紹介します♪

  • 2018.3.11
  • 3476 views

カラフルな花やグリーンを使ったフラワーリースはインテリアには欠かせないアイテムです!しかし最近では、さらに工夫をこらした、形や素材が個性的でおしゃれなリースを見かけるようになりました。また、リースの飾り方を工夫することで、よりおしゃれにディスプレイしている方もいますよ♪そこで今回は、ユニークなリースと、工夫をこらしたリースの飾り方をご紹介します☆

ユニークな形や素材のフラワーリース

三日月型

こちらは三日月型のフラワーリース。猫脚のスタンドに飾っておしゃれでエレガントな雰囲気にまとめていますね☆三日月型は重心が偏っているので、写真のように横向きに飾ったり、上向きに飾ったりして表情を変えることができます。

星型

星型リースは、写真のような北欧系モダンやアンティークナチュラルなど、柔らかいインテリアに合いますよ♪また、モノトーンやブラウンなら、男前インテリアとの相性も良いですよ!様々なインテリアで活躍してくれる失敗しない優秀アイテムです。 

ハート

こちらはまるでシフォンのように柔らかい雰囲気のエクリュカラーのハート型リースです。ハート型は見ているだけで心が和みますから、お部屋に優しい雰囲気を出したい時にはおすすめなアイテムですよ☆ 

小物付きリース

植物で編んだリースに少し小物をプラスするだけで、インテリアに馴染む唯一無二のリースに変身させることができますよ♪靴型やレース付きのアンティークラベルは、ナチュラルインテリアとの相性が良く、個性を出しつつインテリアになじませることができます。 

白樺細工のリース

繊細な白樺細工で作られrたリースです。星型を組み合わせた複雑な細工でありながら、シンプルさも感じられ、部屋を一気に優しく、格調高く見せてくれますよ♪ 

麻布リース

こちらはダイソーのリース台に麻布をぐるぐる巻き付けて、黒のステンシルを施したDIYリース☆ブラックメタルのライトや男前インテリアにぴったりな、男前雑貨となりました♪ 

コットン&レースのリース

ナチュラルカラーのコットンやレースを使った優しい雰囲気のリースです。優しいグレーベージュはナチュラルインテリアやカントリーテイストと相性が良いですよ♪柔らかく主張しすぎない色合いなので、いくつも飾ってもうるさくなる心配はありません。 

レース編みリース

繊細なレース編みでできたリースは、ファブリックプレートや額にいれて、作品として飾りたくなる程美しいですよね☆インテリアに馴染むナチュラルカラーであっても、丁寧で細やかな技工が目を引き、インテリアをユニークに仕上げてくれますよ! 

フラワーリースのユニークなディスプレイたち

最近様々な花や植物を使ったリースがあるので、複数リースを持っているという方には、写真のように壁一面にリースを並べて飾るというアイディアがおすすめです! 

天井から吊るしたリースにキャンドルを立てて、シャンデリアにした例。色の少ないシャビーシックなリースを使えば、ナチュラルアンティークなインテリアに合いますよ♪ただし、キャンドルの蠟が落ちたら危険なので、インテリアアイテムとして飾るのみにしておくほうが良いでしょう。 

こちらは優しいグリーンカラーのリースをイーゼルに飾った写真。周りに飾ったピンクやエクリュカラーのドライフラワーとマッチして、ナチュラルアンティークな雰囲気が出ていますね♪壁に掛けるだけでなく、こんなディスプレイ台と組み合わせると、リースの表情が変わります。

掛けて飾るのではなく置いて飾る方法も♪こちらはナチュラルブラウンのテーブルにキャンドルと共に飾ったフラワーリース。ナチュラルカラーにヴィヴィッドなピンクや紫が加わることで、華やかで存在感のあるディスプレイになりました☆ 

キャンドルとリースの組み合わせは、食卓もおしゃれに見せてくれますよ♪料理の彩りを良く魅せるために、こちらではシックなグリーンのリースを使ってシンプルにまとめました。 

ヴィンテージ風のラベルが貼られた小瓶とグリーンリースの組み合わせはナチュラルでシックな雰囲気を作ってくれますよ!色調は抑えても、飾り方を工夫すれば、目を引くディスプレイとなります。 

こちらはユニークな星型リースを置いて飾った例。置いて飾る場合は、一つのリースを唐突に置くのではなく、写真のように似たテイストのアイテムと一緒に置くことで、統一感のある素敵なインテリアに見せることができますよ☆ 

まとめ

今回はユニークな形や素材を使ったリースと、リースを工夫しておしゃれに飾るアイディアをご紹介しました。リースは既に持っているという方も、まだ持っていないという方も、こちらの記事を参考に、インテリアにおしゃれにリースを取り入れてみてくださいね!