1. トップ
  2. 恋愛
  3. スピード離婚?結婚相手を間違えないための4つのポイント

スピード離婚?結婚相手を間違えないための4つのポイント

  • 2018.3.9
  • 70032 views

結婚は自分一人で成立しませんよね。
どんなに素敵な女性であっても、旦那さんがろくでもない男性だと、幸せにはなれません。
また、最近では結婚後も仕事を続ける女性が非常に多いですが、子どもを産むことは女性にしかできませんので、産前産後は金銭面や仕事面で旦那さんに頼りがちになります。
結婚生活とは、夫婦が共に支え合うことで成立するもの。
「相手選び」で間違えてしまうと、後から修正しようと思っても、なかなか難しいのが現状です。
人間はなかなか変わらないもの。相手選びで間違いないために、4つのダメをお伝えいたします。

①浮気性な人は、スピード離婚の可能性も

それなりに安定した収入を得ていても、女性にだらしなく、浮気を繰り返す男性との間には、まともな信頼関係が築けません。
つねに夫を疑うことになり、心が休まる暇がないでしょう。
また、不倫相手との間に子どもができた場合は、最悪です。
離婚するか、不倫相手から慰謝料をもらって自分を裏切った夫と生活を共にしていくか……どちらも苦しい選択ですね。
外見が整っているイケメンはもちろん、容姿は平均レベルでも、マメな性格で女性ウケが良いものに詳しいタイプは器用に浮気をしがち。
筆者の知人にもこういう「隠れ不倫上手」がいるのですが、過去に3人と浮気しているものの、見た目は普通のオジサン。
決してモテそうには見えなくても要注意です。
メールやLINEのやり取りがやたらマメだとか、同性より女友達の方が多いなど、恋人同士の段階で彼氏の「不倫する可能性」を測りましょう。

②お金と仕事に対する感覚が甘い人はNG

恋愛と違って、結婚は「家計」を安定させ、継続していくもの。
夫婦関係は日常生活が全てですから、定職に就けず、不安定な収入しか得られない男性は、選んではいけません。
季節が変わっても、新しい洋服も買えず、食費まで切り詰めるような毎日に耐えられますか?
愛さえあればお金なんていらない……とよく言いますが、実際に貧乏生活を送ると、愛情なんて一瞬で薄れます。
衣食住に不自由した経験がない女性ほどショックに襲われます。
無職のイケメンよりも、普通の公務員の方が、結婚相手にはふさわしいのです。

③仕事にしか興味がない人とは、愛が育たない!

20代後半にもなると、それなりのキャリアを積み上がるので、彼氏選びの条件に「尊敬できる人」というのも出てきます。
女性は自分よりもビジネススキルが上で、社会的地位も上の男性を結婚相手に選びたくなるということ。
年齢は上でも尊敬できるところが見いだせない男性とは、付き合いたくなくなります。
しかし、仕事ができすぎて、何よりも仕事優先の男性は、結構相手には不向き。子どもが産まれた後は特にモメる原因になります。
家事・育児はすべて妻任せで、基本スタンスが「俺は外で一生懸命稼いできてやってるんだから、文句言うな!」で、家の中のことは何もしない。
子どもがお父さんと遊びたがっても休日出勤で、いつも家にいない……という寂しい家庭になってしまいます。
知り合いに、20代の頃から役員を務めるほどの切れ者で、現在は起業して自分の会社を持っている人がいます。
ビジネスマンとしては最高レベルですが、旦那さんとしてはやっぱり微妙。
奥様から会社に「主人がしばらく帰ってこなくて連絡が取れないんですが、社内にいますか?」と、電話がかかってきたこともありました。
金銭的に豊かで、ステイタスの高い結婚生活が実現したとしても、仕事が大好きすぎる相手はNGですね。

④マザコン男は要注意。厄介な姑がついてくる

姑と旦那の結びつきが強すぎると、嫁は立場がなくなり、みじめな思いをします。
母親をはじめとした「自分の家族を大切にする男性」は素敵ですが、大事にしすぎる人は要注意!
マザコン男はすべて母親に頼り、自分一人では何も決められません。
結婚後も「妻<母親」の優先度は変わらず、嫁と姑がケンカをすると、迷わず母親側につくでしょう。
また、そういった姑は、嫁を「大切な息子を奪った邪魔者」と考えます。
夫婦生活にも口をはさみたがり、表面的には優しい顔を見せても、いざという時には厳しい態度で排除しにかかってきます。
結婚と恋愛の大きな違いは、相手の家族とも関わりを持つこと。
特に、夫の両親との付き合いは絶対に欠かせないので、相手の母親と生理的に合わない、自分よりも母親を優先させるという傾向が見えたら、結婚には慎重になってください。
適度な距離感を保ち、良い意味で放置してくれるお姑さんが理想的だと言えます。(沙木 貴咲/ライター)
(愛カツ編集部)